MotoGP

マルク・マルケス、今度はアラゴンでホンダCBR600RR走行テスト

『マルク・マルケス、今度はアラゴンでホンダCBR600RR走行テスト』

★1月20日、マルク・マルケス(ホンダファクトリー)がアラゴンサーキットで、ホンダCBR600RRの走行テストを行った。

★マルケス選手はセパンテスト参加(2/5〜6)や、カタール開幕戦参戦(3/4〜6)を目指している模様。
なお、マルケス選手は昨年11月のヘレステストに参加していないため、2022年版マシンの開発に向け、セパンテストに参加できるかどうかは非常に重要な問題である。

★マルケス選手は昨年10月末頃から視覚障害(複視)が発症し、レースも欠場し、2022年シーズン参戦も危ぶまれていたが、1月10日頃、3ヶ月ぶりの二輪走行(モトクロス)を行い、16日にはポルティマオサーキットでホンダRC213V-S機(市販機)の走行テストを行った。

★これまでの各走行テストで、視覚に問題がないことは確認されている。

(参照サイト:『Corse di moto』)
(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

モトGP特訓のための市販機トレーニングは有効なのか?って話は、note『バニャイア解説:市販機でのモトGPトレーニングは有効なのか?』でどうぞ!

created by Rinker
小学館
¥5,764
(2022/05/27 15:08:27時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. GODZILLA より:

    なんで600?

  2. 鯖通り より:

    前から600RR使ってますね
    1000RR-Rより213Vに近い感覚なんでしょうか?

  3. くま より:

    600ccの方が負担が少なく周回が稼げるという判断なのでは?
    普通の選手の人が冬場にミニバイク乗るような感覚で

  4. ツン より:

    未だに右腕も負荷をかけると炎症を起こしやすい状態とのことで、まずはリハビリも兼ねてということでしょうか。
    213V-Sばかりだとやはり批判されてしまうのですかね?

  5. suezo より:

    車重が600の方が軽いからじゃないですかね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP