MotoGP

2022オーストリアGP【モトGP:決勝リザルト&トピックス】

『2022ブリティッシュGP モトGP 決勝リザルト&トピックス』

★8月21日(日)、オーストリアGP モトGPクラスの決勝が行われた。

★総合順位は以下のとおり。
首位クアルタラロー(200ポイント)、2位アレイシ・エスパルガロ(168ポイント)、3位バニャイア(156ポイント)、4位ザルコ(125ポイント)、5位ミラー(123ポイント)、6位バスティアニーニ(118ポイント)

★ドゥカティ

首位フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー)。今季5勝目(※3連勝)。昨年アラゴン戦からここまでの19戦で、9勝している。
ジジ・ダッリーニャのコメント。
「バニャイアは文句なしですね。ほぼ完璧なライダーでしょう。」

チームメイトのジャック・ミラーは3位。第7ラップでバニャイア選手を抜くが、すぐに抜き返され、その辺りから僅かにタイムロスし始めた。

4位ルーカ・マリーニ(ドゥカティVR46、ロッシ異父弟)。モトGPクラスでのベストリザルト。金〜土曜は苦戦していた。
チームメイトのマルコ・ベッツェッキは9位(ルーキー)。

5位ヨハン・ザルコ(ドゥカティ・プラマック)。
チームメイトのホルヘ・マルティンは10位。最終ラップの第1コーナーでミラー選手を抜こうとしたが、ハードブレーキングでやり過ぎてしまい転倒。

11位ファビオ・ディ・ジャンナントニオ(ドゥカティ・グレジーニ、ルーキー、愛称は『ディッジャ』)。
チームメイトのエネア・バスティアニーニは技術トラブルによりリタイア。2位から徐々に後退し、最終的に前輪のリムに問題が生じ、リタイア。リムの問題は縁石に上がった際の衝撃から。ピットボックス内ではスタッフがつぶれたリムに、『糞レース KOされてしまった』と書いた紙を貼っていた。
優勝争いができるペースだった。

★ヤマハ

2位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー、+0.492)。第25ラップの新シケインで、ミラー選手にみごとなオーバーテイクを決めた。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは転倒リタイア。

15位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ヤマハWithU RNF)。
チームメイトのダリン・ビンダーはリタイア(ルーキー)。

★アプリリア

6位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。レース中盤過ぎまで果敢に戦ってはいたが、終盤、マシンを止めることができなかった(※多分、フロントにソフトを選んだせい)。総合2位を固持したものの、今回のレースを見る限り、タイトル争いはクアルタラローvsバニャイアで行われる気配が漂う。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは13位。当初は5位に就いていたが、徐々に後退していった。
テストライダーのロレンツォ・サヴァドーリは19位。

★KTM

7位ブラッド・ビンダー(KTMファクトリー)。
チームメイトのミゲル・オリヴェイラは12位。

18位ラウル・フェルナンデス(KTMテック3、ルーキー)。
チームメイトのレミー・ガードナーは20位(ルーキー)。

★スズキ

8位アレックス・リンス(スズキファクトリー)。
チームメイトのジョアン・ミールは第1ラップで転倒リタイア。ジョアン・ミール、足首骨折。月曜日に精密検査。

★ホンダ

14位アレックス・マルケス(ホンダLCR)。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは転倒リタイア。

16位ポル・エスパルガロ(ホンダファクトリー)。
チームメイトのステファン・ブラドルは17位(テストライダー)。マルク・マルケス代役(※回復期間については8月末検診で判明する予定)。

『2022 オーストリアGP モトGP 決勝リザルト』



『2022 オーストリアGP モトGP 総合順位』




(Photo:Motogp.com

POSTED COMMENT

  1. すぱおー より:

    ペッコ連勝凄いですがファビオが素晴らし過ぎて今年はもう決まった感があります。アレイシもFPの一件など見ると報われてほしいがチャンピオンの器と言われると困りますね。そしてラウルの離脱発表されてレミーが来季はMOTOGPに席はないと言いましたがラウルがRNFでオリヴェイラは降格で同意したんですかね?けど今日のハイサイドからここまでの転倒の多さ見るとミールがRNFでオリヴェイラがHONDAというミラクルCも見たいような。レミーはWSS等行けたら良いですが飼い殺しになりそうですね。
    エネアとマルティンはまだ揉める?それともドヴィ引退と共にどちらがミザノで発表ですかね?今日の見るとまだどちらが迷いますよね。
    中上選手はミールと同じタイヤでしたがタイヤチョイスミスったみたいですね。今日のオーバーランと転倒の多さはタイヤとブレーキが悲鳴あげてましたね。どっかショーワに切り替えるとかなりませんかね?

  2. HONDA頑張れ! より:

    HONDAが全然映っていなかった。。。
    空力面が影響してスピードが出ないのでしょうか?
    他のメーカーのようにブレーキングで車体前が下に大きく沈むようなことはHONDAにはあまりない気がしますが蝶ネクタイのようなウイングを変えた方が良いのでしょうか?
    前のシンプルなものの方が良かったのかな?
    前方のカウルも形が変わってしまったからでしょうか?
    空気の入り口も横には小さい感じで前のように横長タイプの方が良かったのかな?
    なかなか上手く行かないようで残念です。。
    タイヤも合わなかったのですね。。

  3. 851 より:

    今回のファビオとアッセンのアレイシは、今シーズンのベスト・オーバーテイクになる気がします。

  4. うに より:

    クアルタラロ素晴らしい。シケインのパッシングはしびれましたねー
    トラックリミットの警告が出てからも冷静な追い上げ。今回も出し切ってる感。

    バニャイアは勢いがある。去年と同じく前半の不調が悔やまれる、というか、スロースターター癖を直さないといけないんでしょう。

    マルティンとベスティアは良いアピールチャンスだったのにもったいない。

    アレイシは熟成されてきた2人についていけるかな?

  5. SRX より:

    クアルタラロのタイヤ戦略がハマって胸熱でした。
    本人の言うようにあと数周あれば勝ててたかも知れませんが今回の2位はドゥカティとのマシン差を考えれば上出来でしたね。
    あとバニャイアもミスしなくなってこれはチャンピオンもあるかもですね。

    ミルの明らかな不調が気になる…。

  6. maxtu より:

    DUCATIのセカンドライダー候補、公平な目でみればミラーが1番適してるのにねぇ
    決めるなら早め決めないとあの2人ヤバいよ…

    三連勝、完璧なレースをしたペッコよりもDUCAT包囲網を崩して2位をキープしたファビオの方が優位性を感じる
    辻やんも言ってたけどプレッシャーを感じるのはペッコのような気がする
    次は地元イタリア、去年のようなミスを冒すことも充分あり得そう
    ペッコとファビオの我慢比べやね

    あとHONDAはホントに画面に映らなかった…ナカガミよ、後輩達に合わせる顔あるのか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP