MotoGP

アレックス・マルケス『ホンダは兄マルクの指示に従うことに慣れているから…』

『マルケス:ホンダは兄マルクの指示に従うことに慣れているから…』

★2022年、アレックス・マルケス(26才、マルク弟、ホンダLCR)はモトGPクラスで50ポイント獲得し、総合17位だった。ベストリザルトは7位(ポルトガルGP)。

★アレックス選手は2023年よりドゥカティグレジーニチームから参戦する。11月8日のヴァレンシア公式テストでは15位だった。

★アレックス選手が西サイト『AS』の11月25日付け記事で、次のように話した。

【現在、ドゥカティ機はモトGPクラスの勝利マシンだが…そう言うマシンに乗るのはプレッシャーを感じる?】
「ある意味、感じます。でも、それは感じなければならないものだから。
これは、僕がずいぶん前から探し求めていたチャンスだってことは良く分かっているし、それは…ホンダでは見つけたれなかったものなんですから。
別の道を往くと言うのが、助けになることもありますからね。
もちろん、冬期間中、ホンダ機も改善されるだろうし、来年のセパンテストにはかなり良くなってるだろうけど…でも、そう言うことは考えないことにしてるんで。
自分のマシンの方に目を向けていきますよ…速いマシンだってことは分かってるんで。」

【兄マルク選手がヴァレンシアテストの際、『リンス&ミールはホンダ機に乗り慣れてないから、あの2人の意見はホンダにとって良い刺激になるだろう』と言っていたが…】
「そうですね…2人とも意見は言うだろうけど、でも、聞いてもらえないことにはね…ホンダの一番大きな問題は、コミュニケーションにあるんですから。兄も言ってたけど、時々、情報がどこかで途切れてしまうことがあるんですよ。
結局、ライディングの問題なんかじゃなく、組織体制の問題だと思うんです。アルベルト(プーチ)も兄も、ホンダ内では誰もが言ってることなんで。
その辺をきちんとすれば、良くなるでしょうね(笑)。」

【ホンダ機の真の実力は、充分に発揮されていないと思う?】
「(ホンダは)兄の指示通りに作業することに慣れてしまっていて、その兄が(ケガで)以前のような走りができなくなってしまったためガタついているんですよ。
僕は助けになろうと頑張ってはみたけど、でも、僕の作業を活用してくれないと言うか…僕の力では助けにならなかったと言うか…とは言え、僕もなにも提供してもらえなかったわけだし。
そうなると、僕としてもホンダ内ではちょっと居場所がないような感じがして…。僕のことを真剣に見てくれているとは、まったく思えませんでした。
ホンダがなにか新しいものを試しても、なにも変わらないか…悪くなるかのどちらかで…。
結局、シーズン中に改善していくと言うことが、ホンダには欠けていたんですよ。」

(参照サイト:『Corse di moto』)
(参照サイト:『AS』)
(Photo:Instagram

ドゥカティの立役者ジジ・ダッリーニャって、どんな風に凄いのか?って話は、note『2022 ヴァレンシアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,540
(2023/01/31 00:21:38時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. えいぼう より:

    あほぼん。
    ベラベラ話すのは、ドカ行って結果残してからだよ普通。
    HRCやルーチョ 中上さんも よくこんなあかポンたんと一緒に出来たな。

  2. すぱおー より:

    マルケスの指示に慣れてしまっていたなら今年のマシンの大改造は何だったんでしょうね。マルケスの好みのフロントヘビーからリアヘビーに変えてまで脱却しようとしてたのに

  3. Mick より:

    新機軸のマシンに対して明確な方向性や改良点の要望を出せなかったのはマルク以外のその他ホンダライダーだよね

    せっかく自分達の好みに合わせるチャンスだったのに
    それが出来ないから結局はマルクに頼らざるを得ないわけでしょ

    過去の

  4. Mick より:

    途中で切れたので・・・・・
    新機軸のマシンに対して明確な方向性や改良点の要望を出せなかったのはマルク以外のその他ホンダライダーだよね。せっかく自分達の好みに合わせるチャンスだったのに 。
    それが出来ないから結局はマルクに頼らざるを得ないわけでしょ。
    過去のチャンピオン達は何かしらの要望なり自身の方向性をしっかり伝えられたからこそタイトルを獲るなり勝利するなり出来たわけで・・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP