SuperBike

2023年SBKはペトルッチやガードナー、エガーター参戦でプライベーター部門のタイトル争いが史上最強となる

『2023年SBKはペトルッチやガードナー、エガーター参戦でプライベーター部門のタイトル争いが史上最強となる』

★11月24日、ダニーロ・ペトルッチ(32才)が2023年、スーパーバイク世界選手権(SBK)に『Barni Spark Racing Team』よりドゥカティ機で参戦することが公表された。

★SBK参戦チーム『Go Eleven』のデニス・サッケッティ氏(チームマネージャー)が、次のように話した。

【ペトルッチ選手のSBK参戦について、どう思う?】
「嬉しいですよ…SBK業界全体に恩恵がありますからね。チャンピオンシップのレベルが上がり、知名度や格も上がるし、観客も増えるでしょう。
あと、若手選手らにとっては本当に重要なことで、手本となる選手が入ってくるってことは比較検証用の良い基準になりますからね。
ペトルッチみたいな選手と比較できるのは、伸び盛りの選手らにとっては貴重ですよ…多くを学べるんだから。」

【ドゥカティ機の場合、ファクトリーとプライベーターでは何が違うの?ペトルッチ選手が加入する『Barni』チームも、貴方のチームと同様なの?】
「マシンのレベルは、どこも同じなんですよ…2023年版なんでね。
ただ、技術スタッフが違っていて…ファクトリーとプライベーターでは質も数も違うんですよ。
ドゥカティファクトリーには最高レベルのエンジニア、アナリスト、メカニックらが揃ってるんで、100%の力をコンスタントに維持していけるけど、プライベートチームの方は70〜95%ぐらいを行ったり来たりすることになりますね。」

【ペトルッチ選手なら、プライベーター部門のタイトル獲得は楽勝だと思う?】
「思いませんね。来年はダニーロの他にガードナーやエガーターも入ってくるわけだから、当然、プライベーター部門はSBK史上最強の戦いになるでしょう。
ただ、モトGPやモト2出身者がすぐに天下を取れるかどうかは、なんとも言えないでしょうね。苦戦する選手だって、これまで大勢いたんだし…シーズン序盤は特にね。
しかも、SBKの方だって、今年はアクセル・バッサーニやフィリップ・エッテルみたいに活躍してた若手もいるんだから。」
(※2023年、『Go Eleven』からドゥカティ機で参戦していたエッテル選手は総合13位、『Motocorsa』からドゥカティ機で参戦のバッサーニ選手は総合7位だった。)

(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

最終戦のバニャイア陣営は、用心しすぎで不要な作業をしてしまったって話は、note『2022 ヴァレンシアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,320
(2023/01/28 21:21:54時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 鯖通り より:

    バウティスタ、ラズガットリオグル、レイの3強が鎬を削り合い、時折バサーニ達若手が絡んでいく今期はかつての4強時代のGPを彷彿とさせる見応えあるシーズンでした
    ガードナー、エガーター、ペトルッチら実力者が加わる来シーズンには今から期待しちゃいますね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP