MotoGP

バスティアニーニ『今回の勝利は…一緒に苦しんでくれた彼女に捧げる』2023 マレーシアGP

バスティアニーニ

『バスティアニーニ:今回の勝利は…一緒に苦しんでくれた彼女に捧げる』

★11月10〜12日のマレーシアGPで、エネア・バスティアニーニ(ドゥカティファクトリー)が予選3位、スプリント4位を獲得し、決勝は優勝した。

★バスティアニーニ選手は2022年にドゥカティグレジーニ所属でタイトル争いをし、2023年はファクトリー昇格したが、開幕戦以来、ケガによる欠場が多く、現在は総合15位(※76ポイント獲得)である。

★最近はドゥカティ側が、「バスティアニーニを降格させ、代わりにホルヘ・マルティンをファクトリーに昇格させる可能性がある」と公言していた。

★バスティアニーニ選手の決勝戦後コメント。

【厳しいシーズンだったが、終盤は調子が上がってきたようで…】
「厳しいと言うよりは散々なシーズンでしたよね。事故やケガが多く、トレーニングも3ヶ月間ぐらいできず…でも、しなかったらモトGPでは速く走れないのだし。
昨日のスプリントの後、もっと改善できるって分かったのが後押しになってくれて…第1ラップの第1コーナーから、最高の精神状態だったんですよ。
おかげで今年初の優勝となりました…チームのおかげでもありますね。」

【今回の優勝獲得のカギは?】
「前に出るってことですね…誰かのスリップストリームに入っていると、タイヤの空気圧でもオーバーテイクでも、とにかく厄介なんですよ。
(後続していた)アレックス・マルケスがラスト5周ぐらいまで、プレッシャーをかけまくってきてたけど、最後はちょっと引き離すことができました。」

【現在、ホルヘ・マルティンと交代させられる可能性が浮上しているが…】
「単純な話ですよね…今シーズンのホルヘは大活躍してるけど、僕はそうではないんで。
原因は分かってるけど、でも、全てをきちんと説明するのは難しいですよね。
まぁ、僕からドゥカティに対して、ちょっとメッセージを送ったって感じになるのかなぁ…その結果、どうなるのかは分かりませんけどね。
ミザノで契約更改もしたし、ピットボックス内は快適だし…あと、ペッコ(バニャイア)とも良い感じだし。」

【バニャイア選手が『交代云々の話はともかく、今回のエネアはこう言う風に勝利して当然だった』と言っていたが…】
「今まで当然じゃないって思われてたのかどうかは分からないし、こう言う話は会見の時だけでピットボックス内では出てこないものだから…。
今日、僕はちょっとだけ対抗したって感じですよね…もちろん、ホルヘは今シーズンずっとこんな感じで、僕は今回1戦だけですけどね。
僕のせいではない問題が多発してしまい…僕は今年の成績で評価されるべきではないと思うんですよ。」

【数ヶ月前のインタビューで貴方が『1勝できる』と言った時は、絶対不可能に思えたが…】
「僕は口先だけで何か言ったりしません…そう言ったってことは、99%可能だと確信していたからです。
僕の助けになってくれるようなトラックが、巡ってくることは分かってたんで。そのおかげもあって、メンタル面で一歩前進できたんです。
今回は本当に、好結果を出す気持ちでサーキット入りしました。こんなに良いもんだとは思ってなかったんですけど…本当に良かったですよ。」

【厳しい時は誰が寄り添ってくれていたの?】
「家族は常に寄り添ってくれてたし、あと、(ケガで身動きできなくなった時)20日間ほど僕の彼女(※アリーチェ嬢)が身体を洗ってくれてました。
ずっと外出もせず、家で付き添ってくれて…ずっと大変だったんですよ。
今回の勝利は彼女と、そして、うちの両親に捧げるべきだと思ってます。でも、やっぱり、特にアリーチェにですね。僕と一緒になって苦しんでくれてたんで。」

(参照サイト:『Moto.it』)

バスティアニーニ:フィリップアイランド不調は心配無用…って話は、note『2023 オーストラリアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
Kazen(カゼン)
¥2,283
(2024/07/14 13:33:13時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. マラカスタンタン より:

    美人で、いい彼女だ。

    早く嫁に貰いなさい。

  2. 桑田裸郎 より:

    入浴用エプロンということは裸エプロンということか

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP