MotoGP

マルケス後編『マルティンはアプリリア移籍により今年のタイトル争いから脱落した?』

『マルケス:マルティンはアプリリア移籍により今年のタイトル争いから脱落した?』

★6月5日、ドゥカティファクトリーがマルク・マルケス(ドゥカティグレジーニ)と、2年契約(2025/2026年)を交わしたことを公表した。

★マルケス選手が西サイト『AS』の6月6日付けインタビュー記事で、次のように話した。

[ 中編はこちら ]

【貴方は『来年はタイトル争いをする』と言っていたが…今年は?】
「今、頑張ってるとこです(※総合3位に就いており、首位と35ポイント差、2位と17ポイント差)。
最適化させなければならない点がいくつかあって…ル・マンとバルセロナでは、『レアル・マドリード』並みに延命できましたね。なんとか生き残り、爪痕を残せたでしょ。
1〜2回の挽回は可能だけど、タイトル争いともなるとそうは行かないから。その点、ペッコ(バニャイア)もマルティンもFPセッションでのミスがないんですよねぇ。
とにかく、グレジーニと一緒に良い仕事をしてるとこなんで…使える物を最大限に活用してね。まぁ、上手く挽回できない点があっても、ピットボックス内の幸せオーラで穴埋めしますよ。」

【マルティンはアプリリア移籍が決まり…今年のタイトル争いから外れることになりそう?】
「外れませんよ…あのドゥカティなんだから。
ジジ達のアプローチときたら…例えば、僕に対しても常に実直で、トラック上で稼がなければならないって姿勢を示してますからね。
もしトラックで他メーカー選手に負かされたら、シャキッとしなければならないんですよ。
タイトル争いは、かなりの長丁場になるでしょう…まだレースはたっぷりあるんだし、ポイントだって大量に稼いでいけるんだから。なんでも有りですよ。」

【体調はどう?また転倒するかもってヒヤヒヤしてた?】
「してませんよ…ただ、しばらく前から自信をなくしてましたからねぇ。不安な気持ちを抱え、身体が固くなってしまってたんです。
固くなってたら、同じようにやっても上手くはいかないんですよ。身体をかばうようなると力んでしまい、危険が増すんです。マシンの上で、身体のポジションを上手く定められないんでね。
そう言うループに、はまり込んでしまってたんです。
でも、今年は五体満足なシーズンになりそうだから…『メンタリティを変えていかないと』って思ったんです。昨シーズン後半はずっと、自信を再構築していたんですよ。」

【つまり、ケガのリスクを負って優勝を狙うより、3位の方が良いと…?】
「ケガとかスランプに遭遇すると、ものの見方が変わってくるんですよ。
もちろん、常に勝ちたいとは思うけど、でも、以前は3位になるために一晩中痛みに苦しまなけれなならず…それが1週間も続いたりしてね。
今は3位獲得か転倒かって思ったら、『まぁまぁ、明日は明日の風が吹くんだし…2週間後には次のレースがあるんだから』って切り替えます。
31才になって、そう思うようになったんですよ…25才の時は、『僕の身体はオートバイに乗るためにあるんだ、僕の人生はこれだけなんだ』って思ってたから。
だからと言って、上を目指す気がなくなったわけじゃないんですよ…今まで通り、色々な我慢をして頑張ってるんで。
ただ、おかげで今の方がリラックスできますね。」

【フェルナンド・アロンソはF1の33勝目を、貴方はモトGPの60勝目を目指し…】
「今シーズン中に達成できると信じてるし、自信もありますよ。
具体的にいつかは…そう言うのは執着しちゃいけないって、学習したんですよね。優勝だけを狙うようになると、転倒が増えるだろうから。
うちはうちの持ち札で勝負していきます…無理な時は無理なんだから。
ムジェッロではリズムはけっこう出てたし、特にスプリントでは2位になれましたからね。でも、決勝はもう少し大変で…4位だったでしょ。
とにかく、早々に優勝できるよう願ってますよ。」

[ 完結編に続く ]

(参照サイト:『Gpone』)

created by Rinker
¥250
(2024/07/22 06:25:41時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. うに より:

    転んで覚えると言っていた人が変わったよねー
    あれだけの事があれば、そら変わるだろうけど。

  2. としあき より:

    あの大怪我の原因の転倒だって
    ほんの少しのグラベルのさじ加減でマシンの飛ぶ方向は自分の腕ではなかったし大怪我はしなかったでしょうしね
    なんなら最初のコースオフで転倒したままなら初戦ノーポイントだけで済んだ
    リスクのある走りで後回しになってた不運がとうとう来ちゃったんでしょう

    逆に去年のバニャイアなんてビンダーに轢かれて死んでても
    両足骨折でもおかしくなかったのに大怪我なくピンピンして
    しばらくメンタルにダメージは負ったもののチャンピオンになった
    マシンやテクニックだけじゃなく間違いなく引き寄せる運ってのもありますよ
    チャンピオンってのは

  3. きゃめる より:

    大人になったマルケス君…。いまでも天才肌だし強いし怪我もしてほしくはないが、その気持ちでタイトルが取れるかは微妙。
    血気盛んな若いうちに大怪我なくタイトルを何度取れるか!?ってのが難しいところでもあるよね。って何十年か見てて思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP