Moto2 category

ポル・エスパルガロ『スミスがモトGPなのに、なぜ、まだモト2?』

今年はもう、あっちこっちでチャンピオン候補と呼ばれているポル・エスパルガロ選手。
そんな状況を笑顔で満喫しながらも、油断はしてませんぞぉ〜〜〜!

モトGP『ポル・エスパルガロ:タイトルは開幕前に獲得できない』

as-pol-espargaro.jpg ★マドリッドの『As』編集部を訪れたポル・エスパルガロの最新インタビュー。
「【2012年は優勝4回、表彰台11回、PP8回でモト2クラス総合2位だったが、どんな思い出が?】まぁ、かなり良い思い出ですね。2位かぁって思うとね、負けた選手の中での1番かぁって思うってしまうんだけど…冷静に振り返ってみると、もの凄い進歩だったって分かりますね。ああ言うシーズンのお陰で成長できるんですね。マルク(マルケス)と戦って、互いにどっさり学ぶことができた。ただ、大きくポイントを失ってしまったレースを思うとね…オランダとかバルセロナとか…ちょっとムカつきますね。

【バルセロナではレース後もマルケス選手のチームと色々ありましたが…】あんなに大事になったのはホームレースだったからだと思います。スペイン人選手2人がホームの大観衆を前にして走り…ああ言うことが起きて(エスパルガロ選手を転倒させたペナルティがマルケス選手に科せられたものの、すぐに却下され、エスパルガロ選手側が異議申立てを起こした)、対峙することとなってしまった。でも、うちも次戦のシルバーストーンでは最高の勝利を収められたし。あれは弾みで起きたことで…あれで発奮しましたね。あれ以降が僕のシーズン後半戦ってことになるんだけど、かつてないような上出来だった。

【マルケス選手のライディングについて愚痴っていたことも?】戦い方って言うのは色々あって…誰だって最終ラップで勝つものでしょう。マルクとの肉弾戦では何回か勝利を逃してしまったけど、あのオーバテイクについては愚痴ってましたね…相手がぶつかってコースアウトしてしまうようなラインの開け方でね。

【モトクロス流?】そうとも言えるし、違うとも言える。モトクロスでは僕らみたいなスピードにならないし、走行ラインも多いですから。僕らの方はラインが塞がれてしまったら、縁石側に押し出されてブレーキングが面倒になるし、もっと危険になるんですよ。そう言うわけでね…そう言う戦い方について学んでいけるわけです。

【今後、やってみる気は?】ありません。今までもやったことはないし、僕にはできないんじゃないかなぁ。今、やってるような走り方で勝つ方が好きだし、逃げ切りタイプの方が良いですよ…オーストラリア戦みたいなね。

【チャンピオン候補と言われるのは?】まだ始めてみなければね。そういう風に言われて最悪の結果になった選手もたくさんいるし。去年のマーヴェリック(ヴィニャーレス)とかね…やっぱりチャンピオン候補って言われてましたよね。物事って言うのは複雑なもんで、絶対に簡単にはいきませんから。カタール戦で強いスタートを切らなければね。厄よけはしてるけど、転倒って言うのは影響してきますから。例えばルーティ選手とかね…序盤から僕らと上位争いをするはずだったのにケガで2戦欠場…第3戦目から手負い参戦ですからね。(シーズンは)スゴく長いし、懸命に作業していかなければ。

【最大の敵は自分自身?】去年のように進めていくなら、そうですね。もちろんマルクはいたけど…前へ前へと押し出してもらいました。去年と同じように進めていかなければ。

【実際のライバルは?】速い選手はどっさりいます。入れ替わりの激しいクラスですしね。マシンやセッティングが対等だから面倒だし、競合いも多いし。そうですねぇ…レディング選手なんか少し予測不能なんですよね…得意のコースでは超スピードだし…でも、レース終盤ではタイヤがたれて少し後退とかね。ルーティ選手はシーズン序盤では一番の脅威だったけど、手負いで参戦してくるわけだし。

【ルーティ選手はシーズン終盤は不調では?】そうですね。ただ、彼はシーズン序盤は安定して上位なんですよ。その後、50ポイント逃してしまう…嬉しくはないですよね。注意して…自分もそうなるかもって思っていなければ。ちょっと簡単に勝てそうかなって思ったとしても、自分もそうなるかもって思うわけですよ。つまり、開幕もしていないのタイトルは取れないってわけで。

【モト2残留はタイトルを取ってモトGP昇格をしたいから?】タイトルのためだけじゃありません。若い時期を有効活用したいってのと、将来に向けて…ルーキー年に上位5位以内に入る為にもオプション付きで昇格をしたい…その後、タイトルを取りたいって言うのが主な理由です。やる気や渇望感、希望を抱いて昇格しなければ…最良の武器を携えて昇格するには待った方が良いってことでね。

【ドゥカティで挑む気は?】一番惹かれる話ではないです。学習しなければね。マシンを仕上げる経験が豊富なヴァレンティーノ(ロッシ)でも無理だったんですから。ルーキー選手にできっこないだろうし、大変なことになるでしょう。

【スミス選手がヤマハでモトGP昇格なのに、ポルがモト2残留なんて…】この世界、そう言うこともあります。コネとか資金、スポンサーやマネージャーで決まっていきますから。

【スミス選手のは最高…ランディ・マモラ氏がついてるから…】そうですね。偉大な…もの凄く偉大な人です。ブラッドリー(スミス)がどうこなしていくか…ですよね。ただ、ライダーは他にもたくさんいたし…僕だけじゃない…彼より速い選手はね。ただ、彼には利害関係の中で上手く立ち回れる人間がついているから。

【モトGP昇格にスペイン国籍と言うのは有利?】全ては勝てるかどうかですよ。速い選手が大勢いますから…それが問題でね。

【マルケス選手と同じマシンに乗ったらテストで同じような結果を出せる?】野心的でなければね…僕は自分にスゴく自信があります。同じようにできたかどうかは分からないけど…そうですねぇ…できただろうと思います。マルクは注意を引きつけてしまったわけだから、どうなっていくのか見ないよう目をつぶっていなければね。才能もやる気も若さもあり、もの凄い渇望感と良いマシンもある。マルクが走るモトGPの良き1年を楽しみましょうよ。だけど、上位4選手の中では僕はロレンソ選手に賭けますけどね。そう言う感じがするんですよ。今、絶頂期で、驚異的な高速ライダーでしょ。それにヤマハ機もシームレス・ギアボックスなしで好調なんだし…それも使えるようになるみたいだしね。ロレンソ選手が使ったらラップ0.3秒は削れるって話でしょ…そうなったらダイナマイトみたいなもんでしょう。ヴァレンティーノにもモトGPを面白くして欲しいしね。

【世間でロッシ選手の評価が別れるのはなぜ?】ヴァレンティーノは偉大だったし、今後も偉大だからでしょう。明るい感じが好かれますよね。見てるだけで、こっちも笑顔になってしまう。もう何年も目にしてるのに、レストランとかで遭遇すると“うわぁ、ヴァレンティーノだよ!”って言っちゃうんですよね。タイトルも何度も取ってるし…でも、一番スゴいのは人々を笑顔にさせることですよ。それって大切なことじゃないですか。」

(日本語翻訳:La Chirico / 西語記事:2013年03月09日 As記事より抜粋)




さて、エスパルガロ選手も話題にしていたルーティ選手なんですが…
遂に代役が決まったようですな。

モト2『セルヒオ・ガデア:開幕〜第2戦、トーマス・ルーティ代役』

motoblog-gadea.jpg ★チーム『Interwetten Paddock』ではトーマス・ルーティの代役にセルヒオ・ガデア(28才)を決定。2013年開幕〜第2戦(4/7カタール戦、4/21テキサス戦)を走ることとなる。

★ルーティ選手は2月中旬のヴァレンシアテストで負傷し、現在、リハビリ中。5月5日のヘレス戦で復帰する予定。

★ガデア選手は2011年シーズン末、資金不足により世界選手権から撤退。昨年5月にはイモラで負傷したホアン・ラスコルツ代役としてSBK戦に出た。なお、ルーティ選手の代役候補にはジーノ・レアの名前も挙がっていた。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2013年03月07日 Motoblog.it記事より抜粋)




そう言えば、偉大なランディ・マモラ元選手と言えば…
最近、こんな写真が出てましたねぇ…

《デニス・ノエス氏が空手キッド・マモラにインタビュー。僕としてはモトGP伝説のライダーだね。》


あっ、そうそう…こんなのもあった。
管理人は下のハイサイド映像を観て、マモラ元選手の偉大さが実感しましたネ。
35秒ぐらいからスロー映像になるんですが…ほんと、スンゴイです。


笑顔にさせるロッシ・クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP