MotoGP

エクトル・バルベラ『家族、友人、チームに謝罪します』

エクトル・バルベラ選手が先の暴行事件について、自身のフェイスブックに声明文を載せました。
そこそこ長いもんですから、ちょこちょこと抜粋しますね。

fb-barbera.jpg


《今回の一件は自慢にもならない事であり、今は必要な全ての方々に謝罪したい気持ちです。特に、本当の僕を知っている家族や友人、チームの皆さんに謝罪したいと思ってます。責任は全て僕にありますが、ただ、誹謗を受けたとも感じています。

告訴後、僕らは当事例に対応する法規に従いました。開廷後は、双方とも法廷医の診断を受けた事を公表し、僕は同医師に傷の診断書を書いてもらいました。常識的な配慮から、それについての詳細は伏せる事にします。そして双方、結論を受入れたのです。それは法的な決着と言うだけではなく、社会的およびマスメディア的に不公平は対応にも対してもです。真実ではない不適切な評価などに、僕は苦しみました。

僕には姉妹が2人いますが、一人息子として彼女達と近しく育ち、人生において女性だろうが男性だろうが、人に危害を加えるなんて考えもしない事だと言えます。虐待は、それがどんなものでも反対です。

今回の件は僕にとって完全に終わった事であり、これまで同様にスポーツキャリアに力を注いで行きたいと思っています。》

(Source:2013年05月12日Hector Barbera公式FaceBookより抜粋)



この感じからすると、多分、スペインの方ではワイドショーとかゴシップ誌なんかが面白可笑しく取り上げてたんでしょうかねぇ…
イタリアの方は…今のところ、そんなふざけた記事とか極端に非難してるのなんかは見当たりませんが…
あぁぁ〜強いて言うと、昨日の『ロレンソ&マルケス和解』記事に出したツイートぐらいかなぁ…

ル・マンGPでは、多分、報道陣の皆さんも話題にしないと思うんですがねぇ。
ほら、以前、『ダニ・ペドロサ、カンニングで逮捕』ってのがあったじゃないですか…
あの時も、ペドロサ本人が謝罪声明で「これはもう終わった事だから、前に向って集中したい」って言うような事を強調して、そのせいか、その後の開幕戦では報道陣も口にしなかったらしいんですよ。
確か、あの時、伊TV解説者のグイド・メーダ氏がTVで「今回、この件に関し一切質問しなかった報道陣の姿勢に対しては、ペドロサ選手に高く評価してもらいたい」と言ってましたから。




レースに集中クリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP