MotoGP

ペドロサ次戦100%にあらず 、ヘイデン手首、ブラドルも腕上がり


え〜と…皆さん、ちょっと疲れが出てきてしまったんでしょうか。

『ミール医師:ペドロサ、ル・マン参戦ながら100%にはあらず』

omnicorse-pedrosa-mir.jpg


★ダニ・ペドロサがバルセロナで5月5日、腕上がりの手術を受けた。

★ハヴィエル・ミール医師がペドロサ選手の容態を説明。
「ダニ(ペドロサ)はここ2戦ほど、問題を抱えて参戦していたので、理学療法を試し様子を見てみようと言う事にしたのだが、その後、ダニが根本的に問題を解決する事に決めたんです。」

【ル・マン次戦(5/18)は?】
「少し余裕がありますよね。現在は1週間安静にしなければなりませんが、月曜日からリハビリを始める事ができるでしょう。ル・マン戦が100%の状態でない事は確実でしょうが、今後、合併症が出ないようなら確実に参戦はできるでしょう。」

【ペドロサ選手は12年前にも腕上がりの手術をしているとか…】
「当時は、実のところ子供でしたからね…当時に比べたら、明らかに手首も太くなりましたよ。だからこそ、12年振りにこの症状が新たに出てきてしまったんですね。」
(Source:2014年05月07日 Omnicorse.it記事より抜粋)


ヘイデン選手も…
そう言えば、昨年の11月には手首のこぶを取る手術をしてましたねぇ…

『ヘイデン:手首ノックアウト』

motosprint-hayden.jpg


★5月5日にヘレス・サーキットで行なわれたモトGPテストで、ニッキー・へイデンが参加しなかった。

★チーム・アスパーからはヘイデン選手が右手首に問題を抱えている事が明かされた。

★へイデン選手のコメント。
「土曜の夜から痛かったが、ヘレスのコーナーのブレーキングは荒々しく…特に右コーナーが強烈だから、そのせいだと思ってました。ただ夜中、物凄い痛みで目が覚めて…レースでは悪化してしまって。右の手首は既に手術をしたことがあり…去年は問題山積みだったんですが…その後は順調だったんですけどね。レントゲン写真を何枚か撮ったんですが、関節の炎症以外は変なものは何もなさそうなんですよ。また別の検査もしてみます。」

【5/18はル・マン戦だが…】
「医師らが何と言うか…どう言う治療をしていくかですね。」
(Source:2014年05月06日 Motosprint記事より抜粋)




『ブラドル:右腕、ドイツで手術』

★ダニ・ペドロサに引き続き、ステファン・ブラドルが腕上がりの症状で手術を受けた。

★ヘレス決勝戦の序盤の5周ほどでブラドルは右腕に痛みを感じ始めていた。

★手術は今朝の午前8時より、バイエルン州ヴェルティンゲンの病院で行なわれ、15分ほどで終了した。医師らによれば全て順調との事で、ル・マン次戦(5/18)には参戦できる模様。

★ブラドル選手は腕上がりの手術を受けるのは、今回が2回目。前回は2012年11月、バルセロナのミール医師により執刀された
(Source:2014年05月07日 Omnicorse.it記事より抜粋)




[amazonjs asin=”B002L1609Q” locale=”JP” title=”あずきのチカラ 首肩用”]

皆さん、本当にお大事にクリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP