MotoGP

カル・クラッチロー公表:さよならドゥカティ、よろしくホンダLCR


『ドゥカティ・コルセおよびカル・クラッチローは2015年契約を繰り上げ解除する』

ducati-corse.jpg


《ドゥカティ・コルセは、当チームのオフィシャルライダーであるカル・クラッチローとの2015年モトGP参戦契約を繰り上げ解除することを、同選手と同意しました。
よって、2015年の当チームのオフィシャルライダーはアンドレア・ドヴィツィオーゾおよびアンドレア・イアンノーネの2名となります。》
2014年08月02日Ducati Corse公式サイト参照)


『公表:LCR&クラッチロー&新スポンサー』

gpone-lcr-cal.jpg


★ドゥカティ公表後、LCRチームより2015年に向けカル・クラッチローと契約を交わした事が発表された。

★クラッチロー選手は2015年、Honda RC213Vのファクトリー機に乗る予定。また、LCRチームの新スポンサーに『CWM(※ロンドン本社)』が新たに付くこととなった。

★ルーチョ・チェッキネッロ氏(LCRチームマネージャー)のコメント。
「カル(クラッチロー)が、2015年に向けての当チームのプロジェクトに対し信頼してくれた事に感謝したいです。また、『CWM』社のお陰で、新たなカラーリングでもって最高峰クラスを走れる日を大変楽しみにしてます。それと共に、2014年シーズンに有終の美を飾れるよう懸命に取り組み続けていくつもりです。」

★アンソニー・コンスタンティーノ氏(CWM代表取締役)のコメント。
「2015年モトGP選手権が熱狂的なものになる事は疑いようがなく、当『CWM』はLCRホンダチームとコラボレートできる事を喜んでおります。当社ではカルを信じてます…これまで見せてきたプロ根性と才能は、2015年フルシーズンをサポートしていく当社にとって素晴らしいイメージキャラクターとなってくれることでしょう。完璧なコラボレーション関係ですね。」

★なお、チェッキネッロLCRマネージャーは、宿願の2台体制プロジェクトに向け次のように話している。
「同契約が締結し、これからは2台目のマシンを参戦させる可能性を探るべく取り組んでいこうと思っています。」
2014年08月02日Gpone記事参照)


下の写真はLCRチーム『CWM』スポンサードカラーのRC213V(オランダ戦)

mcn-lcr-cwn.jpg



[amazonjs asin=”B00BSG4VWI” locale=”JP” title=”予期せぬ出来事”]

今度は何色になるんでしょうねぇ…クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. トト より:

    うおー。マジだったんだ。
    去年のカルの走りが本来のカルの走りだってことをドゥカティと世間に思い知らせてやってくれ!

  2. MICK より:

    カルはスズキが似合うと思ってたけどホンダとは想定外でした
    全く合わないドカともう1年続けるよりもかなり前向きな選択かな

  3. bb より:

    ヤマハかスズキが似合うとは思うが、ホンダでどこまで戦えるか?
    ドカに残るよりはかなり視界が開けた感じでしょうね。

    良かった。

  4. テック21 より:

    カルは2年越しでドカワークスに入ったのに短かったですね…。 ホンダに乗るチャンスがあったからこそ決断出来たとは思いますが、ホンダのサポート体制が充実していればチャンスですね。 カルの乗り方はドンドンドーン的な所があるので、ホンダにあってるかもしれませんよ〜。ヤマハ時代もいつも加速でおなじヤマハのドヴィに置いて行かれてましたし。 頑張って欲しいですね(^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP