マルケス『最大プッシュはしなかった』2019セパンテスト

Pocket

『マルケス:最大プッシュはしなかった』

★2月8日、セパンテスト最終日、マルク・マルケス(+0.931、ホンダファクトリー)が11位だった。

★マルケス選手は昨年12月初めに左肩の手術を受け、まだ100%の状態ではない。

★マルケス選手のコメント。

「(ホンダ機のフロント問題に)取りかかっているところなんですが、ただ、僕はまだ指示を出すことができなくって。
セパンテストでは肩のせいで通常とおりのプッシュをすることはできませんでした。無理をしないようにして、常にゆっくり走っていたものですから。
カル(クラッチロー)が何回か転倒していたでしょ。それで(フロントの問題が)明るみになったんですよ。
僕は加速に関して、いくつかの解決案を試してました。現在の僕のコンディションで出来るのはその辺りだけだったんですよ。
(コンディション的に)可能になったら、フロント問題について自分で検討してみるつもりです。今は無理ですからね。」

(参照サイト google 翻訳:『Corriere dello sport』)


ロッシ&ビアッジ、ホンダ初テストの思い出話は無料閲覧『note』で!!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, ,

3 Responses to マルケス『最大プッシュはしなかった』2019セパンテスト

  1. ジージ 2019年2月12日 at 9:29 PM #

    肩は相当痛むようだねぇ。
    開幕ダッシュは厳しいので、ホルヘと同様ヘレス辺りからスイッチオン?
    それとも連勝記録有るから、アメリカGPから?

    BSグリップ強力で特殊と言ってもミッシュランの特性何とかならないの?フロントのグリップがリヤのグリップ下回る癖みたいな特性。
    昔、F1でもミッシュランのタイヤは新品よりユーズドの方が決勝で使えた等の特異性が有ったけど。

  2. gsax3 2019年2月13日 at 12:25 AM #

    三味線ですよ.
    SEPANG最終コーナー立ち上がり,他のホンダ車とも音が違った.
    500rpm位??明らかに回転数高く脱してた.
    今年も盤石か.ヤマハファンとしてはちょっと悔しいけど.
    フロント問題,ホントにあるようならヤマハ機のほうが影響大.

  3. 鈴夫 2019年2月13日 at 3:53 AM #

    限られたテストで三味線ひく意味・・ある?

コメントを残す

 

Top