MotoGP

2019 ブルノテスト【モトGP:リザルト&トピックス】

『2019 ブルノ モトGP FP1トピックス』

★8月5日(月)、ブルノサーキットでモトGP公式テストが行われた(午前10時〜午後6時まで)。

★午後2時前より若干の降雨があり、一時、全選手がボックス待機となったが、午後3時前には再開した。
また、午後5時過ぎ、レッドフラッグで一時中止となったが数分後には再開。

★ミシュランが用意してきたタイヤはブルノGPで使用されたものと同じ。
また、その他に新リアタイヤ2種(両方ミディアム)。一方はパフォーマンス向上を目指して作られたカーカス使用、もう一方は従来カーカスながら左側が若干柔らかめの新コンパウンド使用。

★首位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT、ルーキー)。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは3位(VR46ライダーズアカデミー)。

★2位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)。カーボン製テールカウル試用(2020年最終版に使用されるコンポーネントを隠している模様)。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは6位。

★4位アレックス・リンス(スズキファクトリー)。新カウル試用。
チームメイトのジョアン・ミールは7位(ルーキー)。従来カウルで走行。午後5時過ぎ、第1コーナーで転倒しバリアを飛び越えた模様。レッドフラッグが提示され、トラック内に救急車進入。深刻なケガなし。検査のため最寄りの病院へ搬送。

★5位カル・クラッチロー(ホンダLCR)。3台マシンが用意されていた。1台はカーボン補強フレーム、もう1台はファクトリーチーム機のマテリアルを一部使用したもの。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは11位。ホンダ勢では唯一2018年版マシンを使用。

★8位マルク・マルケス(ホンダファクトリー)。

★9位フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティ・プラマック、GP18機、ルーキー、VR46ライダーズアカデミー)。
チームメイトのジャック・ミラーは13位(GP19機)。
ミラー選手が新リアタイヤについてコメント。
「フロントにユーズドを使って(新リアタイヤを)試してみたけど、今のよりグリップがあるでしょうね。あと、熱が入るのも早いし。
これ以外、試すものはあまりないんですよ。セッティングでちょっとあるぐらいかな。まぁ、ここのテストは常に役に立ちますけどね。ただ、昨日の表彰台祝賀会の後だから楽勝って感じじゃないけど。
オーストリアでは新カウルを試せる予定なんだけど、今日はないんですよ。」

★10位ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティファクトリー)。従来カウルで走行。
チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは12位。新カウル試用。

★14位ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー)。
チームメイトのヨハン・ザルコは20位。

★15位ミゲル・オリヴェイラ(KTMテック3、ルーキー)。
チームメイトのハフィス・シャーリンは19位。

★16位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。1台のマシンにステアリングヘッド近くがカーボン補強されている新フレームが使われていた。この他にアルミニウム製の新スイングアームが用意されている。昼過ぎに転倒。
ホンダスタッフがアプリリアのボックス前でマシン研究をしていた。
チームメイトのアンドレア・イアンノーネは21位(最下位)。

★17位ティト・ラバト(ドゥカティアヴィンティア)。
チームメイトのカレル・アブラハムは18位。

『2019 ブルノ モトGP 公式テストリザルト』




(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)

POSTED COMMENT

  1. ジージ より:

    晴れのテストは好調のヤマハ陣、雨天時のトラクション不足なのと既にファビオの走りに改良の答え出ているんじゃないのかなぁ?
    あとはフレーム次第で良くなるように思うけど。
    KTMはバレ在籍した頃のドカっぽい症状?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP