MotoGP

ホンダ熱心、他社マシンを果敢に研究:2019ブルノテスト

『ホンダ熱心、他社マシンを果敢に研究』

★8月5日(月)、ブルノサーキットでモトGP公式テストが行われ、ホンダスタッフが果敢にアプリリアやヤマハのマシンの秘密を探り出そうとしていた。


★8月2日(金)FPセッション中、フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティプラマック)の転倒後、コース脇に立てかけられていたデスモセディチ18機をホンダスタッフが密かに写真撮影していた。

★5月10日付けツイッターで、ヤマハスタッフがライバル機を撮影している姿が紹介されている。


★2018年11月ヴァレンシアテスト中、ドゥカティスタッフらがホンダのボックス前でマシンの観察をしていた。


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


今年のホンダ機は全メーカーへの教訓になるぐらい良い出来だって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    凄い近撮(笑)
    まぁお互い様だから撮影されてても暗黙の了解なんだろうね
    HONDAは貪欲だねぇ…でも天国で宗一郎さんは怒ってないのかな
    もっと独創的なバイクを出して欲しい

  2. ぺぺ より:

    素直に研究者の鑑だと思いました。

  3. suezo より:

    ホンダは他メーカーに乗って研究しろっていう会社ですからねぇ

  4. gsax3 より:

    プレスも自由に撮ってるしね.

    マン島TT参戦時から写真魔はホンダの伝統
    設計者は貪欲でなきゃ

  5. へほへも より:

    買えるものなら買ってバラしたい位やろうしね(笑)
    車もバイクもどのメーカーだってやってんだから悪いとは思わないけどえらい堂々とやるんやな(笑)この写真だけ見たらヤマハだけコソコソしてるみたいで逆に嫌らしく見えるわ

  6. ジージ より:

    昔からホンダは自分のところを隠しがち、ヤマハは隠しきれずに・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP