MotoGP

バニャイア『優勝候補ではないが好調!』2020エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGP

『バニャイア:優勝候補ではないが好調!』

★9月19日(土)、エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGP モトGPクラス予選で、フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティ・プラマック)が5位だった。

★PPタイム(1’30”9)を記録するものの、コース外走行により無効となった。

★バニャイア選手のコメント。

【グリーンゾーンに上がってしまったが…】
「実際のところ、あれでタイムを稼ぐどころか、むしろロスしたんですよね。ただ、規則は明確なわけだから…無効になって当然ですよ。
物凄いタイムではあったけれど、まぁ、がつがつしてしまったってことでしょうね。アクセルを開くのが早すぎたんですよ。まぁ、超好タイムを出したと言うことで満足はしてますけどね。」

【レースに向けては?】
「1周タイムよりペースの方が重要なのだけど、その辺に関しても満足しきってます。FP3もFP4も速くてコンスタントだったから。ペースは最高ですよ。
ただ、1つミスをしてしまって…午前FP3で転倒してしまった時、タイヤの左側に熱がしっかり入ってなかったのに、あまりにもコーナー進入が速すぎたんですよ。さいわい、ケガはなかったですけどね。」

【タイヤはもう決まった?】
「フロントにハード、リアにソフトで行こうと思ってます。FP4でそうやってたんですよ。
ただ、コンディションにも依るんで、もっと気温が下がるようなら変える可能性もあるでしょうね。」

【ルーチョ・チェッキネッロが『ペッコが優秀最有力候補だ』と言っていたが…】
「それはないですね。このクラスで勝ったことがまだないんですから。ただ、確かに良い感じではあるんですよ。
ヴィニャーレスとクアルタラロー、ミールが好ペースだし、ヴァレンティーノもFP4でグッと伸びてましたけどね。」

【ついこの間まではクアルタラローの話題で持ちきりだったのに、今はバニャイア選手が注目の的で…】
「クアルタラローは素晴らしいモトGPデビューを果たしましたからね。僕はそうはならなかったけど。まぁ、それで当然だったんだろうけど。
正直なところ、彼に劣っている点があるとは思ってないんですよ。これまでのクラスで、それは証明してきているから。今はモトGPクラスでもそうなってますしね。」

(参照サイト:『Moto.it』)

バニャイア選手のライディング特性については、note『サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. キャンディヘッド より:

    優勝どうこうはまぁその時のレースだとして

    ドカをヤマハみたいに華麗に乗るよね、バニャイヤさん。
    速くて美しいんでちょっと感動。

    GPライダーに惚れるなんて、何年ぶりかしらね笑

    もしかしたらノリック以来かもしれないなぁ。
    杖ついてて今日優勝したら凄いなぁ。

  2. ペコちゃん より:

    自信が漲ってる!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP