MotoGP

リンス『落ち着いて走ったら、勝てた!』2020アラゴンGP

『リンス:落ち着いて走ったら、勝てた!』

★10月18日(日)、アラゴンGP決勝戦でアレックス・リンス(スズキファクトリー)が優勝した。今シーズン初優勝。

★チームメイトのジョアン・ミールは3位で、総合首位に浮上した。

★リンス選手のコメント。

「もの凄く良いスタートが切れて、ヴィニャーレスに追いついた時、自分の方が速いことに気づいたんですが、でも、『タイヤを温存させてるんだろうな…』と思ったんですよ。
でも、その後、彼を抜いて、自分のレースを展開させ始めて…もの凄く長かったですけどね。」

【大変だった?】
「こう言う勝ち方って初めてなんですよ…ずっと首位に立って。これまで2回優勝しているけど、1回は(マルク)マルケスと、もう1回はヴァレンティーノ(ロッシ)と競り合ってましたから。
今回の方が難しかったですね。首位で走ってると、アッと言う間にミスしてしまいそうで。焦らないようにしてたけど、ミールと(アレックス)マルケスが速いのも分かっていたし…。
タイヤコントロールが上手く行きましたけどね。」

【今年はこれまで、なかなか落ち着いてレースができていなかったようで…】
「自分にポテンシャルがあることも、勝てるマシンに乗ってることも分かってたし、もう少し違うレースができてたはずなんですが…ただ、いつもミスをしてしまって。
大勢から『もっと落ち着け』って言われ…特にオーストリアとル・マンで転倒した後は、よく言われました。
今回は落ち着いて走って、そして、勝てましたよ。重要ですよね。」


(参照サイト:『Gpone』)

ル・マン&アラゴン2戦の『GPまとめ』を3本とも読むなら『まぐまぐ』がお得です!

POSTED COMMENT

  1. うんこマンジェット より:

    まだ最高峰クラスで3勝しかしてなかったのか
    意外だな
    肝心なときにコケたりケガが多いもんなリンス
    やっぱりスズキの将来はミルにかかってるか

  2. 挽物 より:

    スズキでって所に大いに価値あり。

  3. nav. より:

    どのサーキットでもこれだけ争えれば、正にシュワンツ新世代版ってとこですな!
    ほんとスズキってところが良い。
    面白い存在になってほしい…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP