MotoGP

2020バレンシアGP【モトGP:決勝リザルト&トピックス】

『2020 バレンシアGP モトGP 決勝トピックス』

★11月15日(日)、バレンシアGP モトGPクラスの決勝が行われた。

★快晴。

★首位フランコ・モルビデッリ。
チームメイトのファビオ・クアルタラローは第9ラップで転倒リタイヤ。第1ラップで膨らみ、最後尾に落ちる。

★2位ジャック・ミラー。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは11位。

★3位ポル・エスパルガロ。
チームメイトのブラッド・ビンダーは5位。

★4位アレックス・リンス。
チームメイトのジョアン・ミールは7位。チャンピオン決定。レースはスタートがいまいちだった。

★6位ミゲル・オリヴェイラ。
チームメイトのイケル・レクオナは最新コロナ検査で陽性が出たため欠場。無症状。一緒に暮らしている弟が感染し、濃厚接触者として10日間の隔離生活を送った後、アンドーラでのコロナ検査が陰性だったためヴァレンシア入りしていた。

★8位アンドレア・ドヴィツィオーゾ。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは15位。

★9位アレイシ・エスパルガロ。
チームメイトのロレンツォ・サヴァドーリは18位。テストライダー。ブラッドリー・スミス後任として、ラスト3戦でイアンノーネ代役を務めている。

★10位マーヴェリック・ヴィニャーレス。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは12位。

★13位カル・クラッチロー。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは第20ラップで3位争いの最中に転倒リタイヤ。

★14位ステファン・ブラドル。マルク・マルケス代役。
チームメイトのアレックス・マルケスは16位。予選1でハイサイド転倒。

★17位ティト・ラバト。
チームメイトのヨハン・ザルコは第6ラップ第1コーナーで転倒リタイヤ。

『2020 バレンシアGP モトGP 決勝リザルト』



『2020 バレンシアGP モトGP 総合順位』



(Photo:Motogp.com

created by Rinker
しゃぶまる
¥3,000
(2021/05/09 18:22:30時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. うに より:

    ミルおめでとう!
    100周年でチャンピオンなんて最高だね。
    応援している選手じゃなくても王者誕生の瞬間はいいもんですね。
    良いアドレナリンがでます。

    モルビデリ、ミラーおめでとう!
    見応えのあるクリーンな最終ラップでした。

    最終戦もみんながんばっていきましょうー!

    ロッシ。とりあえず完走。最終戦がんばろう。

  2. 死神ライダー より:

    もうポエマー宮城が煩くて集中出来んかった。今日は辻本さんか青木宣篤だろ?

  3. ハンス より:

    ミル年間王者おめでとう。
    モルビデリとミラーのバトルは素晴らしかった。
    中上選手は・・・・頑張ると駄目なタイプなのかな??

  4. 9191 より:

    スズキ信者の人は強いスズキに慣れていないのでどう喜んだらいいのか分からない人が多いと思う。

  5. maxtu より:

    モルビデッリ3勝目おめでとう
    シーズン前にDUCATIがファビオ、ビニャーレスにオファーの噂があったけどイタリア人のモルビデッリを狙わないのかが不思議でしたが…契約交渉が一年違えばオファーしてたんだろうなぁ
    ポディウムのセンターで他のライダーにも大きな拍手をしているナイスガイ

    なんか久しぶりに白熱した最終ラップのトップ争いを観た気がしたけど、コレが今年の総括なんだろうなぁ

    ミルの初王者は偉業だし安定した走りは相応しいと思うけど、最後まで他ライダーの自滅だらけでミルは誰かに勝ったというより自分に勝った、というのがしっくりきます
    来季以降、観客席が埋まったサーキットで歓声を浴びながら喜ぶ姿を見たいですね

    そしてナカガミ
    とりあえずポディウム圏内で冷静に走れるようになろう
    今後に繋がる走り、とはいつまでも言ってはくれないぞ

  6. 五月雨式 より:

    クリヴィーレ的な王者。
    完走とポイントの積み重ねが大切という大前提を体現。

    だからこそ前のほうをいくら走ろうがタイムを出そうが、転ぶやつに用はない。そういう世界。

  7. より:

    シングル位ならまだまだだけど。やっぱり、同じ言葉をしゃべる同胞が、フロントロー争い、表彰台争いをすると感情移入してしまう。

    またもや、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ。
    ペースの良さに、ポルを抜いた後を見てしまったか?
    ガンバレ。
    ポルはオリベイラよりちょっとインよりだったか?
    深かったか?

    モルビデリとミラーのバトルは良かったね。
    ミルは、いまいち冴えなかったが、まあ合格。
    プレッシャー無き残りレース爆発してくれ。

  8. クラッシー より:

    中上選手、着実に詰めて行ってたけど、、、最終コーナーの詰めはちょっと性急でしたかね。もう1,2周後で行けばよかったのかも。。。
    でも、まぁ良い詰め方ではありました!!
    きっと表彰台のより高いところを狙ってたから速い詰めだったのでしょう!
    残り1戦、頑張っていきまっしょい!

    SUZUKI乗りの私はSUZUKIからチャンピオン、非常に嬉しいですよ!
    ミル、おめでとう!!!

  9. 白い彩 より:

    M.マルケスが初戦で転倒負傷し、クアルタラロが連勝した時点で
    今季はファビオがタイトル獲得する可能性を疑わなかったし、
    彼が今季何勝するのか?ぐらいに興味が移っていた。
    勿論、すべての人がそれと同じ意見だったとは思わないし、
    SUZUKIファンはそうではなかったのかも知れない。
    でもSUZUKIのライダーがタイトルを獲得するとなれば
    それはミルではなくリンスだろう、と
    よもやミルがチャンピオンになろうとは、私は全く予想できなかった。
    新型コロナに翻弄された、特殊なシーズンのライダータイトルが
    最終的にこんな形で決着するとは…
    ともあれミル、年間チャンピオンおめでとう!

  10. 岸本ジョン より:

    解説の宮城さんも言ってましたけど、ミルは自分自身と戦ってると。
    クアルタラロが転倒したことは知ってるから、自分自身との戦いになったと。
    焦らず自分自身との戦いに勝ったミルは王者です。

  11. すぱおー より:

    正直現実と思えないくらい呆然と…中上選手の転倒もですがシーズン始まりの時にアニバーサリーカラーのスズキのマシンを見て優勝してチャンピオン獲ってくれと書いた時は…言ってても信じきれてなくてドヴィかファビオだろうなと何となく予想してましたから…KTMの躍進しかり今シーズン本当に凄い!
    スズキおめでとう。ミールおめでとう!スズキは耐久もチャンピオンですし何か記念にして欲しいものです。

  12. にわか より:

    中上さんが転倒すると
    みんな、厳しいっすねぇ

  13. なお より:

    宮城さんの解説。
    「日本でmotoGPマシンの開発をしているランダーが5人居ます。
    ヤマハでは中須賀・野左根が、ホンダでは青山・水野が、そしてスズキでは津田ただ一人が開発にあたっているんです!!」

    青木宣篤は??

  14. レース好き より:

    ミル、そしてSUZUKI、チャンピオンおめでとう!
    安定感で言えば今年は頭抜き出てるGSX-RRに成長著しい乗り手が見事にマッチした。
     Mマルケスが戻ってくるであろう来年も是非良いパフォーマンスを見せてもらいたいですね

    しかし中上君。。悪くはないんだけどなあ。。惜しいだけにならんようにもう一つ、二つステップアップする必要がありますね
    今の状態だと今レースのフランキーとジャックのあの競り合いやマルクなんかの残り数周の勝負の中に入って勝つ姿がみえないんですよねえ。。汗

  15. ミラノマルコ より:

    ミルスゲぇー❗️イン側にカラダを入れ込む乗り方はロレンソほどでは無いけどカッケェーです。乗り方も、戦略も、極端じゃ無くて周りの状況を冷静に見極め、勝負出来る時は競り勝つ勝負強さ。チャンピオンにふさわしいライダーだとおもいます。来年はバンバン勝って、フロックで無かった事を見せて欲しいです。
    リンスは、転倒が無かったらね、、、これがチャンピオンシップ。自身で開発したマシンでチームメイトが先にタイトルを取った事は複雑だと思いますが、来年のタイトルへの思いは強くなったんでは無いでしょうか。
    ビニャは何を想う⁉️

  16. nack より:

    今期一番ヤマハの中でポイントを稼いでいて、このままだとランキング2位なのに
    来年は一人だけ旧型マシンって、どうなの?

    それで良いの? ヤマハさん…。

  17. 田中 より:

    中上選手。

    予選で調子良くて(可能性があれば表彰台、優勝)とコメントが出た時、なんだか怪しいなと感じてました。やはり予選とレースは違うし、レースペースはさほど良くない、と思ってました。

    ポルをパスする時、ギリギリに寄せずポルのラインを塞がないようにしたのは理解できます。が、いわゆる握りゴケ、ですよね。

    予選はともかく、レースに強いライダーになるにはメンタルアドバイザーが必要だと思いますね。

    ルーチョのチームなんだし、元盟友のノビーこと上田氏が適任なんじゃいかな?

  18. ラルフアンダーソン より:

    他のヤマハライダーが沈む中、勝っちゃうのは本当に凄いしヤマハライダーではランキングトップ。
    M1を熟知しているフォルカダの存在、カーボンスイングアーム使い続けている事など、実はヤマハのグリップ問題の解決の糸口を見つけているのかもしれないし、他のヤマハライダーができない事をやっているのかもしれない。
    ウイニングラップを終え戻ってきて、待っていたメカニックを抱きしめて離さないモルビデリ。
    すっかりファンになってしまった。

  19. 名無し より:

    結果論なのかもしれませんがモルビデリは20年型の3人より安定しているし、型落ち1台出走することでヤマハとしてもリスクカットできたようにも見えますね。もちろん選手が違いを生み出してるのも大きいんでしょうけど。
    中上さんはこうもチャンスを逃すと良い流れがどっかいってしまうんじゃないかな。

  20. チナミ より:

    中上くん…
    落ち着いて…

  21. 裏六甲のスペンサー より:

    中上君の転倒リタイヤに関しては、次のMotoGP 爆笑反省会で遠藤さんが責められるのでしょうか(笑)
    3位狙いでない、攻めのライティングに痺れました❗️
    最終戦も、そして来シーズンも、中上君に期待してます❗️

  22. ・v・ より:

    なんだか振り返ってみるとやはりマルケスは魅せることのできるスターでしたね。ドビマルみたいなラストコーナーまでみたいな対決が少なくて、と思ったらミラーが魅せてくれました。中上さんは次は表彰台でなく優勝狙うと言ってたけどまずは完走かと。でも上位常連になりつつあるのはすごい。で、晩秋の影の長いサーキットで13位を争うバレカル・・。寂しくなったけど、もうひと花頑張って。来年は万全のマルケスと今年成長した人たちの戦いが観れるのを期待してます。そこにたまには黄色い人も。

  23. 次こそは表彰台へ より:

    中上選手はコース上の窪みに前輪が落ちたように見えました。
    戦後のタイヤバランスが崩れて転倒してしまったのかも?
    また、マルケスのケガは大丈夫なのでしょうか?
    心配です。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP