MotoGP

リンス『2022年版エンジンはトップスピードが改善されていた』2021 カタールテスト

『リンス:2022年版エンジンはトップスピードが改善されていた』

★3月7日、カタールテスト2日目でアレックス・リンス(スズキファクトリー)が10位だった。

★リンス選手のコメント。

【初日にギュントーリテストライダーが2022年版エンジンを試していたが、今日はリンス選手も使っていたようで…】
「今日の作業でいちばん重要なことでしたね。特性は今のとけっこう似てるんですがトップスピードが改善されていて…まさに、その点をリクエストしておいたんですよ。
その他にも細かなディテールで気づいたことはあるんですが…内緒です。」

【今日は10位だったが…】
「あいにく、ちょっとツイてなかったんですよ。新しいソフトタイヤの1本目を履いた時は、なんか挙動が変で滑りまくってしまって。2本目の時は遅いライダーに遭遇してしまい、抜こうとしたらミスってしまったんです。
首位にはなれなかったとしても、けっこう上位陣に迫って行けたはずなんですけどねぇ。
とにかく、この2日間はポジティブでした。試す物のたくさんあるんで、残り3日間も退屈してる暇はないでしょうね。」

【残り3日間で、各選手の真の実力が見えてきそう?】
「大勢が拮抗してますからねぇ…でも、カタールでの2連戦では大きな差は見えてこないと思いますよ。全選手の真の実力は、その後のレースで見えてくるでしょうね。」


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

モトGPプライベートチームは1シーズン、どのぐらいお金がかかるのか?って話は、note『VR46はモトGP参戦するのか?グレジーニチームはどうなるのか?』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP