MotoGP

ペトルッチ『ペドロサはモトGP界のモハメッド・アリだ!』2021 カタールテスト

『ペトルッチ:ペドロサはモトGP界のモハメッド・アリだ!』

★3月7日、カタールテスト2日目でダニーロ・ペトルッチ(KTMテック3)が21位だった。

★ペトルッチ選手のコメント。

【KTM機に初乗りで、苦戦しているようで…】
「マシンを乗り換えた時って言うのは、とにかく厄介なもので…特に、僕みたいな『特大サイズ』はもっと大変なんですよね。
データを分析したところ、他のライダーと同レベルではしれてる地点もあるんですよ…例えば、第1と第4コーナーですね。でも、第6と第8コーナーみたいに、0.2秒失速してしまう所もあって。
ここは僕の得意トラックで、これまではけっこう強い走りができていたんですけどねぇ。やっぱり、こんなに下位って言うのは嬉しくないですよ。でも、少し辛抱しないと。チームとも、もっと馴染んでいかなければならないし。
でも、KTM機のポテンシャルは物凄いですよ。」

【今回は珍しく、ダニ・ペドロサ(テストライダー)が思っていたより遅いようだが…】
「僕、ダニのことは本当に物凄いライダーだと思ってるんですよ…巨人ですよね。モトGP界のモハメッド・アリと言ってもいいです!
いつも難しいコンディションで、違いのある走りを見せてくれるんですよ。例えば、セパンとかね。あそこは体力的にも技術的にも超難関だから。去年のテストでダニは1分58秒6を出していたし、ホンダ時代も常に強い走りをしてたじゃないですか。
ライディングスタイルがもの凄くって…トラクションがいまいちの時、物凄い違いを見せてくるんですよ。セパンのトラックでは僕がブレーキを緩めるような地点で、ダニはまだアクセルを開いてましたからね。
いったいどうしたらモトGP機であんな操縦ができるんだろうって、いつも不思議に思ってたんだけど…でも、あいにく、ダニが現役時代、僕はあまり対決とかできなかったから…ダニが強い走りをしていた頃、僕はいつも後ろの方を走ってましたからねぇ。
もしかしたら、まさに体格の違いにあるのかも…。テスト期間中、ダニと話せるんで本当に嬉しくって。ピットボックスに来てくれて、僕との比較検証をしてくれた時は素晴らしい瞬間でした。」

【KTM機の方は、どう?】
「カタールはKTM機向きのトラックではないと思いますね。他のトラックの方がブレーキングでの安定感や豊富なトラクション、このエンジンの出力を活かせるでしょう。
今、僕は苦戦していて上手く操縦できてないけど、でも、楽は仕事じゃないことは覚悟してたんで。」

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

モトGPプライベートチームは1シーズン、どのぐらいお金がかかるのか?って話は、note『VR46はモトGP参戦するのか?グレジーニチームはどうなるのか?』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,650
(2022/08/17 00:30:32時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 774RR-R より:

    関係するいろんな人が、ペドロサすげーって言うのだからホントに凄いんだと思う。もちろんペドロサ1人だけじゃなくてチーム全体が機能しているんでしょうね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP