MotoGP

バスティアニーニ『ミラーのデータで研究しないと!』2021 カタールテスト

『バスティアニーニ:ミラーのデータで研究しないと!』

★3月10日、カタールテスト3日目でエネア・バスティアニーニ(ドゥカティ・アヴィンティア・エスポンソラマ)が14位だった。

★ルーキー勢トップである。

★GP19機を使用。なお、ドゥカティ最新機を使用しているジャック・ミラーとは1.5秒差、ヨハン・ザルコとは0.8秒差である。

★バスティアニーニ選手のコメント。

「良い1日でした。(2日間の休みの後)また、モトGP機に乗れて嬉しいです。すぐに良い乗り心地になっていたし、けっこうスムーズに操縦できました。
セッティング作業をしてたんですが、マシンがちょっとピリピリした感じだったんでアクセルを開くのが大変でしたね。
上手いこと調整でき、出走する度に1分55秒台だったんで好ペースでした。トップ陣レベルのペースではないけれど、でも、確実にトップ10内には入れるでしょう。
明日は別のセッティングにして、レースシミュレーションをやってみます。ルーキー勢トップだなんて嬉しいですね。このまま集中して、楽しく作業を続けていかないと。
4位(ザルコ)とのタイム差はそれほどでもないし、首位(ミラー)とだってそこからもう少し離れてるぐらいだから。ジャック・ミラーのデータを見て、あのレベルに追いつくためには何をすべきかを探らないと。」


(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

モトGPプライベートチームは1シーズン、どのぐらいお金がかかるのか?って話は、note『VR46はモトGP参戦するのか?グレジーニチームはどうなるのか?』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP