MotoGP

2021カタルーニャGP【モトGP:予選リザルト&トピックス】

『2021 カタルーニャ モトGP 予選リザルト&トピックス』

★6月5日(土)、カタルーニャGP モトGPクラスの予選が行われた。

★首位ファビオ・クアルタラロー。5回連続PP獲得。これまで同記録を達成したのは2010年のホルヘ・ロレンソが最後。FP4でのペースは驚異的で、他の選手より0.3〜0.4秒速かった。
当然、優勝の最有力候補ではあるが、スタート後に第1コーナーまでの直線距離が長いため、ドゥカティ機が首位に浮上する可能性あり。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは6位。

★2位ジャック・ミラー(+0.037)。予選2では転倒しつつも、最終ラップで区間最速を2回記録。ペースはたいしたことないが、1列目スタートゆえに活躍できるかも。
予選1を首位で通過。予選1ではマルク・マルケスに後追いされていたが、先週のヴィニャーレス選手のように苛立って集中力を落とすことはなく、1本目のソフトタイヤを履いて2人でピットを出る際は、マルケス選手に向かって「(サービス料を)払ってくれる?」と言う意味のジェスチャーをし、キャラの立ったところを見せていた。2本目のタイヤでも再度後追いされていたが、黙ってプッシュし、首位タイムを記録した。
ミラー選手のコメント。
「予選1はエキサイティングだったね。ホンダに、なかなかのサービスを提供しましたよ。」
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは9位。

★3位ヨハン・ザルコ。スリップストリームを活用して記録。ミラーと同様にペースはたいしたことないが、1列目スタートゆえに活躍できるかも。3日に2022年の契約更改が公表された。
ザルコ選手のコメント。
「ビンダーのスリップストリームのおかげで、2区間で良い走りができました。単独ではアクセルを開くのに苦戦してたんだけど、すぐ前に先行ライダーがいると上手くカバーできるんですよ。」
チームメイトのホルヘ・マルティンは15位。ケガで3戦欠場し、復帰。3日に2022年の契約更改が公表された。

★4位ミゲル・オリヴェイラ。レースではスタートで他を大きく引き離せる可能性あり。
チームメイトのブラッド・ビンダーは8位。

★5位フランコ・モルビデッリ。表彰台争いができるペースは出ているので、スタートが重要となる。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは11位。1回目の走行でモルビデッリ選手のスリップストリームを活用中に第2セクターで転倒。セカンドマシンで再スタートし、バニャイア選手のスリップストリームを活用。ムジェッロの際よりも向上しているので、好スタートを切れば、まぁまぁのレースができるかも。

★7位アレイシ・エスパルガロ。最終ラップでヴィニャーレス選手のスリップストリームを活用。また、その後ろには弟ポル選手が喰い付いていたが、転倒。
チームメイトのロレンツォ・サヴァドーリは21位。

★10位ジョアン・ミール。ペースは良好なので、レースでは序盤ラップを高速で切り抜ける必要あり。
チームメイトのアレックス・リンスは右腕骨折により欠場、昨日、手術を受けた。ピットボックス入りしていた。
骨折は、トラックで自転車トレーニングを行っている最中、直線コースで4輪車と衝突して転倒したため。本人はザクセンリンクGP復帰を希望している。

★12位ポル・エスパルガロ。ホンダ勢トップ。予選2では兄アレイシ選手のスリップストリームを活用中に転倒。予選1を2位で通過。予選1ではチームメイトのマルケス選手を後追いし、最後は抜いて2位を獲得。
チームメイトのマルク・マルケスは13位。予選1ではミラー選手を後追いし、ピット帰還の際、感謝の意を表明していた。

★14位タカアキ・ナカガミ。
チームメイトのアレックス・マルケスは18位。

★16位イケル・レクオナ。転倒、ケガなし。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは18位。
2022年にレミー・ガードナーが、KTMテック3チームよりモトGP昇格することが公表された。ペトルッチ&レクオナ選手のどちらかの後任となる。

★17位エネア・バスティアニーニ。
チームメイトのルーカ・マリーニは19位。

『2021 カタルーニャGP モトGP 予選2リザルト』



『2021 カタルーニャGP モトGP 予選1リザルト』



『2021 カタルーニャGP モトGP FP4リザルト』




(Photo:Motogp.com

created by Rinker
¥11,000
(2021/07/27 18:54:31時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. うに より:

    クアルタラロは強いね。
    ロッシ、予選は上手くいきませんでしたが、Q4は7位。
    上手くいけば久しぶりに良いとこ行くのでは!?
    ガンバレー

  2. ハンス より:

    ミラーはハートが強いですねぇ。
    後追いされても動じないどころか、相手にジョークをする余裕まで有るし。
    来季の契約も決まったし、マシンの戦闘力は高いので心の余裕があるのでしょうね。
    ビニャーレスもこれの半分でも良いのでハートの強さが有れば、もうちょっと安定するんでしょうね。

  3. ・v・ より:

    後追いするななんて言うもんだから逆に後追いがブームになってきてるような。ミラー兄貴はカッコいいな。するなと言うヤツの後をあからさまに追えるのもまた凄い。ホンダがダメすぎてちょっと残念。ロッシはちょっといけるかもですね。こけないように。

  4. へほへも より:

    後追いも追われる側の態度次第でイメージ変わるもんやな。
    今回もミラーが出るまで待って、やってる事は先週と変わらないのに批判は出ない
    しかしライダーとチームはそれでいいとしてスポンサーは何も言わないのだろうか。ブランドイメージ向上の為に金出してるのに(笑)
    しかしミラーいいキャラしてる。もうちょっと英語勉強しときゃよかったなぁ…

  5. 74SHOJIRO より:

    ミラーはイイ奴

  6. maxtu より:

    予選はミラー劇場でしたね
    Q1行きになりマルケスの並走に着いて来いとばかりに貫禄をみせてQ2進出、Q2ではフロントローのタイムまで出して最後は転倒
    先週、後追いについての発言があっただけにGPライダーとはこうあるべき、というスタンスは清々しいほど
    単純にタイムを競い合うだけではなくドラマがあるから面白い

    あとは本戦でどのコンディションでも安定感を出してファビオと互角にやり合って欲しいね

  7. たつ より:

    優勝確実とかいわれるとバットラックが起こってしまうファビオ。スタート時は直線で抜かれそうなので
    スタート時の混乱を無事に抜けてくれればと思います

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP