MotoGP

ロッシ『WUPが好調だったから楽観的にスタートしたものの…』2021ドイツGP

『ロッシ:WUPが好調だったから楽観的にスタートしたものの…』

★6月20日、ドイツGP決勝戦でヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハ・ペトロナスSRT)が14位だった。

★ロッシ選手は予選ではグリッド16位獲得だったものの、日曜午前のウォームアップでは11位だったため期待が高まっていた。

★レース中、何周か好ラップはあった。

★ロッシ選手のコメント。

「ウォームアップは好フィーリングで、コンスタントだったし好タイムで走行できてたんですよ。だから、楽観的に始めたものの、レース本番では諸々がすべて大変なことになってしまって…。
まず、好スタートを切らなければならなかったのに駄目で…眼の前に誰も居なくなって好タイムを出せるようになってきても、競り合いになるとまた大変なんですよ。
最後はタイヤがもう無理で、減速しなければならず…好結果を出せると思ったたんですけどねぇ。」

【ウォームアップ後は、好レースができると確信していた?】
「ウォームアップはポジティブでしたからね。楽しめたし、自信もついたし。ところが、スタートで失敗してしまい…ただ、その後は速い走りもできてたんですよ。トッ陣と互角の1分22秒台で走ってたんだから。
速い走りをしていたのに、誰かの後ろにつくと抜けずに四苦八苦してしまって…。目の前に誰もいなかったのは6周だけだったんですよ。オーバーテイクも何回かしたけれど、ただ、もっと上位でゴールできると思ってましたね。」

【なぜヤマハ勢はクアルタラロー以外は全員苦戦していたの?】
「確かに、モルビデッリもヴィニャーレスも苦戦してましたね。前方スタートだと良い動きが出せるのだけど、後方からで集団に埋もれてしまうとヤマハ機の良い所を活用できなくなってしまって…。
うちは直線コースがとにかく遅いでしょ。オーバーテイクをしようと思ったら、先行ライダーにかなり接近して行かなければならず…でも、直線コースでかなり失速してしまうから、今後は後続ライダーに抜かれないよう気を配らなければならず…先行ライダーを抜くことを考えている余裕がないんですよ。
現在、クアルタラローが絶好調で、実に良い操縦をしてますよね。しかも、彼の場合、予選で常に前方グリッドを獲得できてるし。」

【シーズン中、マシンを改善できそう?】
「次のテストはミザノなんで、多分、そこで何か新しいものが投入されるでしょう。うちのパッケージはこれなわけだから、これで何とかしていかなければならないんですよ。もう少し上手く走れるトラックもあれば、もう少し酷いことになりそうなトラックもあるんでね。」

【アッセンGPはどうなりそう?】
「アッセンで走れて本当に嬉しいですよ。通常、あそこはヤマハ向きのトラックなんでね。FP1から上手いこと作業していかないと…天候が安定していると良いんですけどねぇ。」

(参照サイト:『Moto.it』)

なぜ今年のクアルタラローは強いのか?って話は、note『2021カタルーニャGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. 岸本ジョン より:

    予選16位、決勝14位「ウォームアップは好フィーリングで、コンスタントだったし好タイムで走行できてたんですよ。(略)
    最後はタイヤがもう無理で、減速しなければならず…
    現在、クアルタラローが絶好調で、実に良い操縦をしてますよね。しかも、彼の場合、予選で常に前方グリッドを獲得できてるし」

    予選クラッシュ、ピットレーンスタート決勝13位
    F1角田裕毅
    「ピットレーンからスタートして13位。最初からずっと攻め続けたので、最後にはタイヤがなくなってしまいました」

    予選で結果を出さないと決勝は厳しいですね。

  2. SL より:

    ザクセンに直線部分なんてほとんどねーだろ(w

  3. maxtu より:

    スタートでウィリーしまくってたからねぇ…予選以前の話かと
    近年はホールショットデバイスを上手く扱えるかも重要な資質になってるしね

  4. 死神ライダー より:

    その短いストレートでもどうにもならんと言うことだろ。

  5. うに より:

    クアルタラロは以前から言われているブレーキの使い方なのか、立ち上がりのスピードの乗せ方が上手いんだろうね。

    良いタイムでも走れているんだからあともう1ピース何かがはまればなんだろうけどなー
    まだまだ応援してますよー ガンバレー

  6. ががが より:

    ここまで不調なら、スポンサーとVR46が了解してくれるなら、来年、VR46がドカに加入した際、自分がライダーになって走ってみてもいいかも。
    現状のダメダメの成績でヤマハで引退するより、ダメ元でドカで走ってそれでもダメなら諦めがつくし、成績が戻れば納得して辞めれるまで現役続けれるだろうし。
    ドカもVR46に任せるって言ってるんだかし、ドカも世間もどうなるのか少し見てみたいってところあるんじゃないのかな。

  7. ns より:

    いうて今回ヤマハで2番目やで笑
    というか、ビニャ―もそうだけど、もうヤマハとは信頼関係が壊れ始めてるねえ

    ロッシは来年VR46でドゥカティのればええやん笑
    ベストはロッシがVR46のテストライダーになって、正規ライダーは怪我で1年なんもできないヤツを契約しておけばロッシが代理で乗り放題やで

  8. ケム より:

    今年も茂木中止になってしまった。
    現役での走りは見れなくなってしまうのか、、、

  9. わぴ より:

    ロッシとマリーニ、マルケス兄弟、エスパロガロ兄弟のチームが、同時に再現できたら面白いなぁ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP