MotoGP

『ホンダ機の開発目標は…』ルーチョ・チェッキネッロ

『チェッキネッロ:ホンダ機の開発目標は…』

★ホンダLCR両選手の現時点での総合順位は、以下のとおり。

総合11位タカアキ・ナカガミ(41ポイント、首位とは115ポイント差)
総合15位アレックス・マルケス(27ポイント、首位と129ポイント差)

★ルーチョ・チェッキネッロ氏(チームマネージャー)が、7月13日付けのイタリアサイトのインタビューで次のように話した。

【今シーズン前半を振り返ってみて…?】
「当然のことながら、期待以下ですね。否定のしようがないでしょ。両選手ともミシュランタイヤのせいで、テストや序盤レースの時点から既に各種問題を抱えてしまって…。
開発は、ライバル陣の方が早く適応していくような方向になってしまいましたしね。」

【タカアキ・ナカガミは、昨年、活躍し、今年はかなり期待されていたが…】
「タカは2019年機から2021年機に乗り換え…慣れるにはプロセスが必要ですからね。」

【アレックス・マルケスについては?】
「同じ話です…ただ、彼の場合はファクトリーチームからうちに移ってきたわけだから、新たなチームに慣れると言うことでね。あと、転倒が多かったせいで(※10回)信頼感が少し落ちてしまって…そのため、いまだ学習途上にいると言う状態なんですよ。」

【結局、ホンダ機で強い走りができるのは、マルク・マルケスのみと言うこと…?】
「ここ10年間のホンダ機と言うことでいけば、マルクがもっとも長く乗っていて、なおかつ、勝ち星も最多なわけで…この10年で、自分用に調整してきたわけですからね。
ホルヘ・ロレンソのようなタイトル5回獲得のチャンピオンライダーでさえ、上手く合わせていくことができなかったのだし、現在、ポル・エスパルガロも苦戦しているし。
去年は、そのマルクが不在だったため、ホンダはマシン開発においてもリーダーを失ってしまった状態だったんです。うちに投入されているテスト用パーツの量からしても一目瞭然じゃないですか。
今後は簡略化していかなければならないだろうし、マルクが復帰したのだから、確実にホンダは然るべき前進ができるようになりますよ。」

【目標は?】
「目標ははっきりしてます…もっと多くのライダーが強い走りをできるようになることですね。」

[ 後半に続く ]

(参照サイト:『Mowmag.com』)
(Photo:Twitter

中上貴晶のレースは、現在のモトGPの縮図のようだったって話は、note『2021ドイツGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. inubasu より:

    また、マルケススペシャルの完成か?!

  2. 田中 より:

    ホンダはライダーフレンドリーなマシン作った試しがないから。

    中上選手が表彰台に上がったら、相当な評価となる。半分、期待してますよ。

  3. AC10 より:

    92年以降のビックバンEgとかRC211Vのコンセプトはライダーフレンドリーを目指したものだと思われますがねぇ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP