MotoGP

バニャイア『今年は勝利を狙うと言うよりは、学ぶための年だった』2021エミリア・ロマーニャGP

『バニャイア:今年は勝利を狙うと言うよりは、学ぶための年だった』

★10月24日、エミリア・ロマーニャGP決勝戦で、フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー)が転倒リタイヤした。

★スタート直後から転倒まで首位を走行。第22ラップでファーステストラップを記録し、第23ラップで転倒した。

★同結果により、ファビオ・クアルタラローのタイトル獲得が決まった。

★バニャイア選手のコメント。

【あえてリスクを負い、フロントにハードを選んだが…】
「他に選択肢がなかったんです…ソフトだと、あまりにもギリギリだったものだから。ハードがリスクだと言うことは分かっていたし、ハードだと最初から最後までプッシュし続けなければならないと言うことも分かってました…そうしないと、温度が下がってしまうから。だから、ずっと無理をし続けたんです。マルケスを少し引き離すことができたのに、でも、スピードを落とすわけにはいかなくって…。
ただ、今日はリスクを負って然るべき日だったんですよ…ハード向きのコンディションではなかったけど、転倒するまでは順調だったのだから。まぁ、結局、裏切られてしまったけれど…。」

【タイトルを獲得できると思っていた?】
「去年、僕は総合16位だったわけで…今年、タイトル獲得の最有力候補ではなかったですからね。今年は勝利を狙うと言うよりは、学ぶための年だったから。
実のところ、開幕以降、猛スピードですべてが良くなっていってくれて…うちは上手く作業してこれたのだから、負けてムカつくことはないです。」

【シーズン後半は主役級のライダーとして駆け抜け…】
「今シーズンは2つに分けて考えると良いんでしょうね。夏休みまでが学習期間で…そこまでは、常に限界点があったんです。そして、オーストリア戦以降の後半戦では、諸々が楽にできるようになりました。
あいにく、なにか上手く行かなかったレースが2回あって…オーストリア1戦目とシルヴァーストン戦なんですが…最速グループに入っていたのに、2戦合わせて5ポイントしか取れなかったんですよね。
でもの、その後のアラゴンとミザノ1戦目は完璧で…オースティンでは、あれ以上のことは無理でした。今回は、頑張ったんですけどねぇ。
ここ5戦は多くのことを吸収できたし、大きく前進できたと思ってます。ミスからも学んだし。来年はもっと調整できているでしょう…ここ数戦のおかげで、自覚が出てきたんで。」

【ファビオ・クアルタラローは、どの辺が貴方より強かったの?】
「去年、既に経験を積んでるじゃないですか。今年の僕は、去年のファビオの状況だったと言えるでしょう。ファビオは既にタイトル争いをして、負けた経験があるわけで…去年は何回か優勝し、ラスト4戦までは総合首位に就いてたんだし。既に経験済みなんですよ。
でも、超上手かったですけどね…タイトルを取って、当然ですよ。僕はいくつかミスもしたし…多分、ムジェッロでの転倒でかなりチャンスを失ってしまったのだろうけど、でも、ミスについてとやかく言う気はありません。自分はトップグループに入っていると言う自覚がありますから。」

(参照サイト:『Moto.it』)

バニャイアが「あと残り何周かを初めて数えてました…」って言った話は、『アメリカズGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥250
(2022/07/01 14:18:06時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. としあき より:

    ロレンソタイプのライダー2人が争ってたようなチャンピオンシップだったね
    DUCATI時代のロレンソとYAMAHA時代のロレンソ
    去年のチャンピオンはロッシタイプのミル(本人談)だったけど
    ペッコの走り僕は好きだから来年はまさにペッコ自身が言うようにチャンピオンシップを完全に念頭に置いたクレバーさで活躍してくれることを祈ってる

  2. AC10 より:

    89年のアンダーストープ
    その年唯一のミスを冒したレイニーはそれをバネに強くなったし、バニャイアも来年はもっと強くなるんじゃないかな?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP