MotoGP

マルク・マルケス『僕はもっと酷いマシンでも勝ってきた…』2022スペインGP

『マルケス:僕はもっと酷いマシンでも勝ってきた…』

★4月30日(土)、スペインGP(ヘレス)予選でマルク・マルケス(ホンダファクトリー)が5位だった。

★決して言い訳はしない姿勢のマルケス選手だが、現在、ホンダ機に問題があることは明白であり、そうしたことを次の一言で言い表していた。
「これまで僕は、もっと酷いマシンで勝ってきてるんですよ。」
多分、事実だろう。2020年ヘレス戦まで、常にマルケス選手の力で他を引き離してきたのだから。しかし、いまや、ほぼ『普通の選手』になってしまっている。

★マルケス選手が予選後、次のように話した。

「今のマシンだと勝手が違い、操縦の仕方を変えなければならないんです。昨日、僕のライディングスタイルに合わせようと、マシンにかなり大きな変更を加えようとしてみたんですが、上手くいきませんでした。
今日はベースに戻すようにしました。僕はフロントで苦戦していて、強くプッシュしようとすると転倒してしまうんです。」

【予選ではバニャイアやクアルタラローの後追いをしていたが、ドゥカティ&ヤマハ機はどこが良いのか分かった?】
「現実を受け入れないと…。あの2人はどこへ行っても、僕より速いですから。確かにあの2人はずば抜けて速いけど…とにかく、僕は高速コーナーのブレーキングで失速してしまい…つまり、あっちこっちでってことになりますよね。
今回は厳しいレースになるでしょう…なんとか生き残ろうと思って、あの2人に貼り付いていました。」

【グリッド5位スタートならば、表彰台が狙えそう?】
「もちろん、2列目スタートは助けになってくれるけど、明日はけっこう変わってくるだろうから。
レースウィークエンド中、僕のようなやり方で速いタイムを出すのは確かに妥当ではないでしょう。
僕としては『目標は表彰台です』と言いたいところだけど、そうはいかないでしょうね。今のところ、うちには5〜10位あたりが現実的でしょう。もう少し何かできるか…様子を見ていきますよ。」

【2021年版ホンダ機では3勝したのだから、マシンを変える必要はなかったのでは?】
「重要な変更であり、僕も100%賛成しました。とにかく、現在のホンダ機について、まだ多くのことが理解できていないんですよ。
ポル・エスパルガロの方がこのマシンに合うのは、現在のホンダ機はKTM機に似てるからなんです。
確かに僕は去年、3勝したけど、そのうちの1つはオースティンで…そこなら今のマシンでも勝てるはずでした。あと、ザクセンリンクでも勝ったけど、今年はまだでしょ。ミザノで優勝できたのは、バニャイアが転倒してくれたからだし…。
とにかく、現在のホンダ機をしっかり理解する必要があるんです。例えば、今回はナカガミが好調ですからね。」

【苦労が多いと、キツい?】
「今日の僕の目標はグリッド3列目獲得だったけど、結局、2列目が取れたんで満足してます。もちろん、毎回、表彰台争いをしたいし、優勝もしたいけど、でも、今はそれが可能な状態じゃないから。
過去に目を向けても無意味でしょ。今は今なんだから。自分にできるものを目指していかないと。」

【貴方の後追いに不満を抱いている選手もいるようだが…】
「これは二輪レースなんですからね。これまで僕は大勢から後追いされたんだから、これはこれで当然でしょ。」

【FP4の19位と予選2の5位では、どちらが本来の実力なの?】
「どちらも違います。」

【現在のホンダ機は戦闘力が低いと言うことになる?】
「マシンの問題だけじゃないんで。僕はもっと酷いマシンでも勝ってきましたから。」

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

マルケスはヘレステストで切り札を取り戻せるのか?って話は、note『2022 ポルトガルGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
United Athle(ユナイテッドアスレ)
¥2,702
(2022/07/01 23:03:37時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 喰らえタラコ! より:

    マシンの問題だけじゃないと言ってるから、身体の信頼性か脳と肉体の協調がうまくいってないのかもね。この2年間考えると仕方ないよね。完全復活がいつ来るかな。メンタルも頭脳も高レベルだし、このままで終わるとは思わないな。

    後追いもライバルの走りの分析してるんだろうなとしか思ってなかった。マルケスは分析力かなり高い人だしね。

  2. 岸本ジョン より:

    島田紳助
    「そのチームがアカン車やっても、そのアカン車のベストタイムを俺が出さなイカンと思てるねん。ほかの誰かが乗って、それ以上のタイム出されたら、それは恥ずかしいことやと思うねん」

    「現在のホンダ機をしっかり理解する必要があるんです」
    マルケスも同じことを言ってますね。

  3. POP84 より:

    もっとひどいマシンとはどのマシンか気になる所

  4. 最高ピーポー より:

    もっとひどいマシン…
    やっぱり2015年かな?

  5. としあき より:

    淡々とっていうインタビューだね

  6. カラス より:

    モチベーションを維持するためにメーカー移籍も視野に入れたほうがよいかもね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP