MotoGP

ドビツィオーゾ大苦戦『ロッシよ、君は正しかった…』2022スペインGP

『ドヴィツィオーゾ:ロッシよ、君は正しかった…』

★5月1日(日)、スペインGP(ヘレス)決勝でアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ヤマハWithU RNF)が17位だった。

★予想外の技術/精神面の両方で苦戦中。

★ドヴィツィオーゾ選手のコメント。

「僕が初めてではないんですけどねぇ…他の選手の後ろに付けば、大勢がフロントで苦戦してるって分かるんで。
第1ラップからグリップがゼロなんですよ…ちょっとは追い上げようと、いつもとは違う操縦法を考えてたのに、そんな計画はアッと言うまに消えてなくなるわけでね。
ブレーキが上手くかけられないんです。後方にいるから、そのせいで問題が増幅してしまうのかは分かりませんけどね。
トップの2人は気違いみたいなタイムを出してたし、アレイシ・エスパルガロだってレース中盤以降は強い走りをしてたって言うのに、僕の方は信頼感が掴めないは…まともな操縦もできないはで…。
スムーズに走れないと、エネルギー消耗が激しくなって、ゴールまでコンスタントな走りなんて続けられないもんなんですよ…リアタイヤの損耗は激しいしね。
すべては、フロントで支えることができないからなんです。最終的にはFPセッションとどっこいどっこいで…1周1秒遅れだったでしょ。苦戦すると、どんどん引き離されてしまうんですよ。」

【2022年版ヤマハ機の真の実力は、貴方やモルビデッリ選手の方がよく表しているの?それとも、ファビオ・クアルタラローの方?】
「あるライダーがやれてるなら、つまり、それは可能だってことなんですよ。
もちろん、ファビオは賢いライダーで、彼もチームも超優秀だけど、ファビオ自身がヤマハ機の強みを最大限に活用できていて、ネガティブ面をあまり気にせずに走れるんです。
マシンがグリップ不足だから、他の操縦法は受け付けないんですよね。実際、かなり極端なマシンで、ああ言う操縦じゃないとダメなんですよ。それが無理だと、どんどん引き離されてしまうんです。
僕なんか、真っ先にクアルタラローのことを物凄いって思った人間で…多分、2019年に初めてヤマハ機に乗った時、すぐにああ言う操縦法を探り当てたんでしょうね。
ただ、ヴァレンティーノ(ロッシ)が言ってたことも当たっていて、彼が表彰台争いから転落し、戦闘力を落として後方を走るようになったのは偶然じゃないんですよ。
もちろん、誰だって加齢には勝てないけど、でも、ヴァレが苦労していたのは技術的な問題があったからなんです。
ヤマハがこう言う方向に進んでしまい…ただ、クアルタラローのリザルトを見る限り、それが間違いだったとは言えないわけでね。
でも、このマシンを乗りこなせる選手なんて決して多くはないですよ。」

【月曜テストで試すもので、改善していけそう?】
「実のところ、無理でしょうね。新マテリアルが用意されてるのはファクトリーチームだけなんで。
いずれにせよ、それほど重要なマテリアルは用意されてないだろうし。」

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

ヤマハ機に足りないのは『トップスピード』なのか、それとも『グリップ』なのか?って話は、note『2022 ポルトガルGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥250
(2022/08/12 08:20:28時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. Maro より:

    二輪でもタービュランスの影響とかあったりするんですかねぇ
    M1は実はすごい空力マシンでドラッグが大きいから最高速度が伸びないとか、クアルタラロはリア駆使して曲がるから速いとか色々辻褄が合いそうですが(笑)

  2. kai より:

    申し訳無いけど、ヤマハでレースに復帰する事が決まった時も、「以前の様な走りは出来ないだろうな」と思っていました。若手にシートを譲ってテストライダーなりアドバイザーが向いていると思います。

  3. nav. より:

    ドカが何年もかけて仕上げた結果、ホントにちょっとしたことが違いになってるよう。後方にいることでスピード出ない理由なんてのも確かにありそう。
    頑張っても今のドビちゃんは10位くらいかもしれないけど、ヤマハとホンダはイッチャッてる走りしないと勝てないマシンになりつつあるのかもねw
    逆に時間かけた分スズキとドカがスムーズになってさ。

  4. 9191 より:

    ヤマハはクアルタラロ・スペシャル。
    ホンダはマルケス・スペシャル。
    アプリリアはエスパルガロ・スペシャル。
    もしかして今のmotogpはライダー1人のために専用機を作らないと勝てない時代なのかも知れませんね。

  5. kaw より:

    ファーストライダーの専用機ってイメージは昔からある
    むしろ皆が速く走れるバイクは何かが圧倒的に優れているという感じ
    まぁ開発側が意図しているというより
    歪んだ性能のバイクが出来てしまった際に合わせられる人間が突出し
    後に開発側がその歪みのまま強化していくことで他の人間との乖離が大きくなるという感じ
    クアルタラロがヤマハを離れたら
    一時期のドゥカティみたいになってしまう気がする

  6. maxtu より:

    DUCATIはすでに3人勝ってますけどねぇ

  7. リッターSS乗り より:

    >maxtu
    今年は2人じゃね?
    それにバスティアニーニは年式が違いますから。
    (型落ちで勝てるバスティアニーにもすごいけど)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP