2013アッセンGP【予選&FP4経緯】:モトGP・モト2・モト3

Pocket

モトGP『アッセンFP4・予選1・2の経緯』

gpone-assen-qp-motogp.jpg


★総括:キャリア初のPP獲得を果したカル・クラッチロー(1分34秒398)のコメント。
「うちのマシンはまだ思ったように動いてくれないっすね。今夜、かなり作業しないと。打開策を練りますよ。ポールポジションはもちろん嬉しいっす。ホルヘ(ロレンソ)が戻って来て、レースに参戦してくれると良いっすね。そうしてくれたら、もう僕の憧れのヒーローっすね。」

★総括:2位マルク・マルケス(+0.357)のコメント。
「今朝は転倒のせいでもったいない事をしてしまったけど、このセッティングだとかなり良い感じです。指が痛いのはブレーキング地点だけですね…レースではどうなるか。特にスタートですね…この指だとハードブレーキングで苦労してしまって。ドライとレインのどちらが良いかですか?どちらでも同じです。」

★総括:ヴァレンティーノ・ロッシは今シーズン予選の最高リザルト4位(+0.480)。唯一の汚点はクラッチロー選手と0.5秒以上の差と言う事。予選2の終盤で転倒したダニ・ペドロサは5位(+)。

★総括:ドゥカティがCRT2機にまで抜かれ大苦戦。ニッキー・ヘイデンが10位(+1.510)。ミケーレ・ピッロが11位(+2.468)。アンドレア・ドヴィツィオーゾは予選2に進出も叶わず、15位で、そのうえ、コース上でエクトル・バルベラと口論していた。

★総括:ホルヘ・ロレンソはフリープラクティスでの好リザルトにより、明日、仮にレースに参戦する場合はグリッド12位からのスタートとなる。

★予選1:イアンノーネ選手がヘイデン選手(唯一、フロントにソフトを使用)を後追いし、1分34秒6でトップに躍り出る(ヘイデン選手の方が0.3秒遅い)。ラスト何秒かでイアンノーネ選手が転倒した際には、ド・プニエ選手より0.053秒速かった。

★予選1:予選2へ進出はド・プニエ/ヘイデン選手。

★予選2:ラスト6分、1分34秒台で走行中のダニ・ペドロサが転倒。第9コーナーのハードブレーキング地点で、イアンノーネ選手が転倒したのと同じ場所。ペドロサ選手はそのままボックスへ帰還し、予選終了。

★予選2:ファーストローはクラッチロー/マルケス/ブラドル選手で、サテライト選手が2名。
 
(Source:2013年06月28日Gpone記事より抜粋)

モト2『アッセン予選の経緯』

gpone-assen-qp-moto2.jpg


★今週末は絶好調のポル・エスパルガロが1分38秒691でPP獲得。2位ヨハン・ザルコ(+0.099)。3位スコット・レディング(+0.145)。

★イタリア陣トップはマッティア・パジーニ7位(+0.545)。

★昨年のモト3チャンピオンであるサンドロ・コルテーゼは11位(+0.569)。

(Source:2013年06月28日Gpone記事より抜粋)

モト3『アッセン予選の経緯』

gpone-assen-qp-moto3.jpg


★マヒンドラのミゲル・オリヴェイラ(1分43秒588)が、キャリア初のPP獲得を果した。

★晴れ間を利用して全選手が一斉にコースに出たため渋滞が生じてしまったが、結局、セッションの間ずっと天候は保たれていた。渋滞の犠牲となったのがルイス・サロムで、砂利の中へとコースアウトし、再スタートできなかった。

★奇遇にもアレックス・マルケスがオリヴェイラ選手と同タイムを記録。しかし、マルケス選手の方が後から出したため2位となった。

★1位から3位ヴィニャーレス、4位サロム、5位リンスまでのタイム差が、わずか0.085秒。

★イタリア陣トップはニッコロー・アントネッリの10位(+1.181)。

(Source:2013年06月28日Gpone記事より抜粋)

人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , , ,

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止のため簡単な計算に答えて下さい。 Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

 

Top