『クラッチローを助けられなかった…』ジジ・ダッリーニャ

Pocket


『ダッリーニャ:クラッチローがドゥカティ機を理解できるよう手助けできなかった』

gigi-motoblog-cal.jpg


★カル・クラッチローは2014年、ドゥカティよりモトGP参戦したものの期待されていたような好リザルトは出せず(総合13位)、結局、2015年に向け、ホンダLCRチームへと移籍した。

★ジジ・ダッリーニャ(ドゥカティ・ゼネラルディレクター)が『MCN』サイトに、カル・クラッチローについて次のように語った。
「カル(クラッチロー)の事について語るのは…私には本当に難しいことなんですよ。通常の状況ならば、マシンを把握できるよう手助けできていたでしょう…リザルトを伸ばしていくためにね。あれほど問題が続出しなかったなら、カルはドゥカティ機を乗りこなせたと思うんです…ただ、うちの出発点がね…トップ陣とは遠くかけ離れていたし、私自身はマシン開発の方に集中しなければならなかったので…選手にマシンを理解させるためのサポートまで手が回らなかったんです。

優先順位は、まずマシンほ方で…ただ、カルがマシンに適切なフィーリングを抱けるようサポートすると言うのも、私の仕事の一環であり…残念ながら成し遂げられなかった事なんですよ。ただ、正直なところ、全てに手は回りませんからね…確かに、時にはライダーがマシンにフィーリングを抱けるように、技術陣がサポートのために呼ばれるって事はあるんですけどね。」

2015年01月01日Motobolog.it記事参照)


昨年の夏に、メルマガ『風聞〜イタたわGP』の方に、こう言う記事を書いたんですが…
どうも、クラッチロー選手と言うのは…テック3時代からエンジニアさんやマネージャーさん達との関係を悪化させてしまう傾向があるそうで…
ドゥカティでも、このダッリーニャさんとの関係が不味くなっていたって話だったんですが…
興味のある方は、バックナンバーからどうぞ♡

【第07号 2014年8月14日 発行】
クラッチロー&ドゥカティ、ドタキャン劇まとめ

クラッチロー、口は災いの元…
お金に関する話、いろいろ。
すべてはステファン・ブラドルから始まった…
無口なクラッチロー誕生!?





チェッキネッロさんとは、仲良し♡クリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top