マルケス『リスクなしでチャンピオンにはなれない』2017オースティンGP

Pocket

『マルケス:リスクなしでチャンピオンにはなれない』

austin46.jpg


★4月22日(土)オースティンGP予選でマルク・マルケス(ホンダファクトリー)がPPを獲得した。今季2回目のPP獲得(1回目はアルゼンチン)。

★マルケス選手のコメント。

「今回のが本物の今年初PPだと思うんですよ。雨のカタールやアルゼンチンを経てね。今日は1番になれるとは思ってませんでした。柔らかめタイヤを履いたら、ヤマハ機が最速ですから。」

【予選ではどんな調子だったの?】
「第1ラップから速く走れました。第2ラップではもっと戦闘力を上げようと、(速そうな)お手本を探したんですよ。最終的に最高タイムをチームに持って帰ることができました。」

【レースに向けては?】
「かなり長く、過酷なレースになるでしょう。タイヤ的にも、体力的にもね。タイヤ選択が重要になってくるのは確実です。でも、レースペースに関しては自信があるんですよね。FP4で良いレスポンスが返ってきてたんで。」

【どんなタイヤを?】
「ミディアムで何とかしなければならないでしょう。今日みたいな気温の場合はですけど。もし気温が上がるようならハードになるだろうけど、リスクでしょうね。」

【目標は優勝?それとも、2位以下に甘んじる?】
「また転倒するよりは表彰台の方が絶対に良いです。優勝はいつだって重要なものだけど、リスクも呼びますからね。明日の手応えを見てみて、どう言う風にレースに向かっていくかを決めますよ。可能ならば攻めて行きます。マーヴェリックが優勝する可能性は確実だけど、ロッシや他の選手も狙ってくるでしょう。」

【第3戦とは言えミスは許されない…】
「ポイント確保は常に基本ですから。でも、チャンピオンになるにはリスクを負う必要もあるでしょう。今はアクセルを閉じていくことは考えないようにしてます。むしろ、プッシュして全力でいかなければ。」

【午前FP3ではどんな作業を?】
「2台のマシンを比較して、フロントの信頼感をもっと掴みたかったんです。あまり詳しい話はできませんが、今のエンジンのコンフィグレーションだとマシンのバランスがかなり変わってしまうんですよ。少しづつ進みながら、最良ベースにたどり着こうとしてるんですが、各サーキットで手応えが違うもんですから。」

【今日は2回転倒していたが…】
「1回目は僕のミスのせいです。走行ラインを間違えて、転倒してしまったように思うんです。2回目はそれほど速く走ってもいなかったのに、リアがブロックされてしまって。タイヤがけっこう冷えていて、転倒してしまいました。」

【レースではヴィニャーレス選手との一騎打ちになりそう?】
「そうですね。僕とマーヴェリックのペースがかなり似てるんで。これまで、ここは僕のスタイルやマシン向きのトラックだったけど、彼も優勝を狙ってこれますからね。」

【最終ラップでヴィニャーレス選手とどんな戦いになりそう?】
「最後に、どちらにも優勝のチャンスがあるなら互いに挑んで行くでしょう。そうでなければ、表彰台で我慢します。」

【今日は転倒が多発していたが…】
「今年や皆、柔らかめタイヤで苦労してるんですよ。その結果、固めに頼ることとなり…でも、固めだとアッと言う間にグリップを失ってしまいかねないんです。もっとパフォーマンスの高いコンパウンドを見つけなければね。レースディレクションに掛け合ってみます。」

【ネット上に投稿されたファンからの質問:ロッシをピッツァに例えると?】
「チーズですね。どのピッツァにも載ってますから。」

(2017年04月23日『Gpone』記事参照)


ついに一騎打ちか!?クリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top