2017 セパンGP【モト3:決勝リザルト&トピックス】

Pocket

moto3-sepang-2017-pole-sitter-joan-mir-leopard-racing-6138433.jpg

『2017 セパン モト3 決勝トピックス』

★10月29日(日)、セパン戦 モト3クラスの決勝が行われた。

★猛暑レース。

★首位ホアン・ミール(ホンダ、レオパード)。先週の豪戦でモト3タイトルを獲得したばかり。今季10勝目、低排気量クラス最多優勝(※125cc総合優勝年のマルク・マルケスとタイ記録)。モト3クラスでポール・トゥ・ウィンは昨年フィリップアイランド戦のブラッド・ビンダー以来、久しぶりのこと。
ミール選手のコメント。
「タイヤがタレてしまったんですが、上手いことグリップ操作して、また勝てました。」

チームメイトのリヴィオ・ロイは4位。一人走行。来季シートが未定なので、重要リザルトである。

★2位ホルヘ・マルティン(ホンダ、グレジーニ)。好スタート。
マルティン選手のコメント。
「今日は勝ちたかったんですけどねぇ。ただ、エネアとの競り合いでタイムロスしてしまって。」

チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは9位。目の前でアントネッリ選手が転倒し、コースアウト。

★3位エネア・バスティアニーニ(ホンダ、エストレージャガリシア)。
バスティアニーニ選手のコメント。
「スタートが悪かったんで、もったいないことしました。でも、レース毎にパフォーマンスが上がってますね。今回の表彰台はチーム全員と頑張った結果です。」

チームメイトのアロン・カネは8位。

★5位ジョン・マクフィ(ホンダ、ブリティッシュ・タレントチーム)。

★1位〜5位までホンダが独占。

★総合順位は1位ミール(決定)、2位フェナーティ(決定)、3位カネ(192ポイント)、4位マルティン(171ポイント)、5位ディ・ジャンナントニオ(153ポイント)、6位バスティアニーニ(130ポイント)。

★6位アンドレア・ミーニョ(KTM、VR46チーム)。KTM勢トップ。
チームメイトのニコロー・ブレガはマシン故障、リタイヤ。

★7位ロマーノ・フェナーティ(ホンダ)。序盤、鈴木選手と接触。総合2位決定。
チームメイトのジュール・ダニーロはリタイヤ。

★10位ボー・ベンスナイダー(KTM、チームアジョ)。
チームメイトのニッコロー・アントネッリは第15コーナーでスリップ転倒、リタイヤ。

★11位アダム・ノロディン(ホンダ)。ホームレース。チームと2018年契約更改済み。
チームメイトのアユム・ササキは12位(ルーキー)。チームと2018年契約更改済み。

★20位カイト・トバ(ホンダ、ホンダチーム・アジア)。

★タツキ・スズキ(ホンダ、SIC58チーム)はハイサイド転倒、リタイヤ。

★ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(マヒンドラ)、転倒。

(2017年10月29日『Gpone』記事参照)
(2017年10月29日『Motorsport.com』記事参照)


『2017 セパン モト3 決勝リザルト』

moto3-gara-2017sepang.jpg


『2017 セパン モト3 総合順位』

moto3-2017sepang-worldstanding.jpg


ロッシ選手がミラー選手にお見舞いメッセージを送った話とか、アプリリアがお金に困ってる話しとかは、『note』無料閲覧!!

ミール強ぃぃね!Prego

Ad & Relation Links

, , , , , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top