ロッシ談その1『ザルコはフェルスタッペンみたい、絶対にブレーキはかけない』

Pocket

『ロッシ:ザルコはフェルスタッペンみたいで絶対にブレーキはかけない』

rossi02.jpeg


★ヴァレンティーノ・ロッシが『Monza Rally Show』を目前に控え、ラジオ番組『Radio DeeJay』のミラノスタジオに生出演して30分ほどのインタビューに答えた。

【レース直前はどんな感じ?】
「ああ言う時は恐怖心を感じるもので…それが昼ぐらいまでにどんどん大きくなっていって、モト2がスタートする頃に『怖くない』なんて言ってるのがいたら、まぁ、あまり正直ではないでしょうね(笑)。間違うんじゃないか…ミスするんじゃないかって恐怖心があるもんですよ。」

【ザルコ選手については?】
「(マックス)フェルスタッペンがザルコみたいですよ。2人ともブレーキは絶対にかけないから(笑)。
ザルコが来たら、こっちが避けなければならないんです。どちらともコースアウトしてしまう危険があるんでね。」

【いずれロッシ不在のモトGPとなるが…】
「そうなったらライバル陣の何名かは喜ぶんでしょうねぇ(笑)。」

【なぜこれほどロッシ選手はパドックで注目されるのか?】
「分かりません。多分、色々な理由が重なってのことなんでしょう。キャリアが長いし、けっこう勝ってきたし。あと、世間が夢中になってくれたって言うのもありますよね。以前は2輪レースに興味なかったけど、僕が出てきたら見るようになったって人がいるから。
普通の生活を始めるのはちょっと恐怖を感じるけど、でも、なんとかやっていけると思いますよ。」

【最近、『引退するのが怖い…』と言っていたが…】
「引退するのが怖いんですよねぇ。モトGPを引退しても、もう10年は4輪レースに出るでしょうね。ラリーとか、トラックレースとか。
ル・マン24時間耐久レースに出てみたいなって思ってるんですよ。」

【フェルナンド・アロンソ選手も出たりして…(※ロッシ元カノことリンダ・モルセッリ嬢が2年ほど前から交際中)】
「もしかしたら、一緒に参戦したりしてね。そうしたら一緒に晩飯を喰いに行けるかもね(冗)。
とにかく、戦闘力があって、やる気があるうちはレースに出るつもりです。物凄い努力が必要だから。」

【現在、特定の彼女は?】
「彼女はいません。レーサーの生活って言うのは、恋愛と両立しづらいもんでね。レースとなれば、チームとだけ一緒にいる方が良いから。」

[ 後半に続く ]




(2017年11月30日『Gpone』記事参照)
(2017年11月30日『Motorsport.com』記事参照)
(2017年11月28日『La Gazzetta dello Sport』記事参照)


フレームについては、ロッシ選手は考えがぶれないけど、ヴィニャーレス選手はまだ迷いがあった風ですね。
詳しくはこちらでどうぞ。

【2017 ヴァレンシアGPまとめ ヤマハ】[2017年11月27日 発行 Vol. 167

●ヤマハ混乱:ロッシ&ザルコぶれず、ヴィニャーレス揺れる
・悲惨なシーズンだったのか?
・そしてヤマハは途方に暮れる
・ロッシ「将来に向けて、今が正念場」
・ヴィニャーレス「今シーズンが終わって嬉しい」
・2016年版フレーム、ロッシ&ヴィニャーレス意見の相違
・なぜザルコは2016年版フレームで速いのか?
・KTM、ザルコを狙う…マルケスのことは諦めたのか?
・ザルコのソフト選択は失敗だったのか?

『note』11月分マガジンは5本で300円(外税)!

Vol.167』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!
プリペイドカードも利用可能。

いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top