ヘイデン事故、加害者の判決延期

Pocket

『ヘイデン事故、加害者の判決延期』

cover-nicky.jpg


★リミニ検察庁は、故ニッキー・ヘイデン自動車事故の際の4輪車ドライバーに対する判決の延期を請求した。

★ヘイデン選手は今年5月17日、イタリアの一般道で自転車トレーニング中、4輪車と衝突し、死亡した。

★同事故の経緯鑑定の結果を受け、パオロ・ジェンガレッリ検事代理が判決の延期を請求した。

★同鑑定は以下の3名の専門家によって行われた。
原告側からエンジニアのフランチェスコ・デル・チェスカ氏。
リミニ検察からオーランド・オミチーニ氏(元交通警察官で交通事故鑑定の専門家)。
被告側からエンジニアのアルフォンソ・ミクッチ氏(ボローニャ大学教授)。

★検察官は、モルチャート・ロマーニャ(30才)は事故発生時、時速50km制限の道路を時速70km強でPeugeot 206 CCを運転しており、もし制限速度を遵守していたならば、ブレーキを作動させるなり、そのまま走行を続けるなりしても、事故は全面的に回避できただろうとし、ニッキー・ヘイデンが命を落とすことはなかったものと思われる。

★また、同鑑定には、自転車トレーニングを行っていたニッキー・ヘイデンが一時停止を遵守せず、時速20kmほどで本道へと進入し、自動車に轢かれたとも記されている。

★責任のなすり合いとなることが予測されるが、今後は『GIP(予備調査判事)』により4輪ドライバーを裁判にかけるだけの証拠があるかどうかが判断される。

(2017年12月15日『Corse di moto』記事参照)
(2017年12月15日『Motorsport.com』記事参照)

Ad & Relation Links

, , ,

3 Responses to ヘイデン事故、加害者の判決延期

  1. vtr1000f 2017年12月16日 at 8:20 AM #

    昔 免許の更新の講習で講師が言ってた。

    事故は一つの要因では起きない。

    必ず二つ以上 起きる要因があると…

    ヘイデンが亡くなった事は残念だが、この場合
    ドライバーだけが悪いわけじゃない気がする。

    揉め事を好まなかった人だけに 天国からどんな気持ちで見てるんだろ?

    早く解決してほしいなあ

    • ヤマハ 2017年12月16日 at 10:12 AM #

      亡くなったヘイデンに言葉があるとしたら、許してやってくれって言うんじゃないかな。

    • チンチラ 2017年12月17日 at 12:33 AM #

      どんなに自動車側が法規遵守してても、ピッタリのタイミングで
      死角から飛び出されたら避けられません。たとえ交機の連中でさえも。
      もっとも、連中は罪に問われないでしょうが。
      一般のドライバー・ライダーはどこで加害者に仕立て上げられるか
      分かったものではありません。

      ヘイデンの人間性についてはまた別の話ですね。。。

コメントを残す

 

Top