MotoGP

マルケス『ピッロがマークしてこようとしたから逆に僕がドゥカティ選手にやってやった』2019ムジェッロGP



『マルケス:ピッロがマークしてこようとしたから逆に僕がドゥカティ選手にやってやった』

★6月1日(土)、ムジェッロGPでマルク・マルケス(ホンダファクトリー)が、FP総合で3位となり、予選2でPPを獲得した。モトGPキャリア56回目のPPである。

★マルケス選手は予選で、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)のスリップストリームをフル活用してPPを獲得した。

★マルケス選手のコメント。

「今日の予選はぶっつけ本番の作戦で…あと、挑発的な意味もありました。
ボックスから出たら、ピッロ(ドゥカティファクトリー、テストライダー)に待ち伏せされてるような感じだったんです。まるでドゥカティから僕をマークするよう言われてるみたいな感じで。
それでサンティ・エルナンデス(チーフメカニック)に『作戦を変えよう』って言って、こっちがドゥカティ機をマークしてやることにしたんです。今回はドヴィツィオーゾだったと言うわけですね。
PPを獲得するにはベストなやり方じゃないことは承知してるけど、でも、今日はこうした方が良かったんで。
まぁ、みんな、こう言うことは何年も前からロッシに学んできたわけだし。」
(※同件についてのロッシ感想はこちら)

【実際、どんな感じだったの?】
「トラックに出たら、1本目のタイヤですぐにスピードが出てくれて…実際、ドヴィのことを抜いたわけだし。僕のポテンシャルがどれぐらいか分かっていたし、タイムを出せるってことも承知してました。
2回目の出走では、またピッロに遭遇して…結局、ドヴィが抜いてたんで、僕も彼の後ろに付くことにしたんです。
テレメータを確認したら、1.5秒は稼げた感じなんですよね。まぁ、重要なのは結果だから。とは言っても、本当に重要なのは日曜日の方ですけどね。」

【(もし優勝したらタイトル争いは)デリケートな状況となるが…】
「チームがしっかり支えてくれることは確かですから。こう言う状況では常に本当に落ち着いた気分にさせてくれるんで。
こう言う点に関しては、ロッシがそつなく立ち回る賢いライダーだと思うんですよ。実際、彼からは多くを学んできたから。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


マルケス選手がホンダ以外のマシンに乗ったら?って話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. FSFSD より:

    後ろめたいから必死になってロッシの名前出すなよ。w

  2. hide より:

    後ろめたいって、意味わかってます?
    必死って意味わかってます?
    ロッシファンって残念。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP