MotoGP

2020 ヘレステスト最終日【モトGP:リザルト&トピックス】



『2020 ヘレス モトGP ヘレステスト最終日 トピックス』

★11月26日(火、10時〜17時)、ヘレスサーキット モトGPクラスの公式テスト最終日が行われた。

★曇天。セッション開始時は気温16.6度。正午直前に小雨で全ライダーがボックス帰還(10分後には再出走)。12時半に雨脚が強まり、全ライダーボックス帰還。14時半頃には陽が差し始める。16時前には全ライダーボックス帰還。

★首位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、今季モトGPチャンピオン)。午前11時、トラックに出て、そうそうに首位タイムを記録。本日はマシン3機を用意(2019年版1機、2020年版2機。それぞれ各種フレームを使用)。明日、右肩の手術
チームメイトのアレックス・マルケスは17位(ルーキー、今季モト2チャンピオン)。13時半ごろ、初レインタイヤ出走。

★2位アレックス・リンス(スズキファクトリー)。13時半ごろ、レインタイヤで出走。
チームメイトのジョアン・ミールは3位。
テストライダーのシルヴァン・ギュントーリは16位。
スズキ勢は相変わらず2020年版エンジンおよびフレームを試用。ミール選手のよれば新エンジンの長所はトップスピードではなく出力であると。また、車台はブレーキング段階を改良中で、まだコーナー中盤で多少失速している。
また、新エアロダイナミクスの作業も進行中で、おそらく来年2月のセパンテストで投入される模様。
15時過ぎにはスタッフが綱引き敢行。

★4位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)。
ヴィニャーレス選手のコメント。
「2020年版マシンは2019年版並みに速く、馬力が上がっている。トップスピードは相変わらず問題で、ヘレスではドゥカティ機より時速10km遅い。うちの最終的なトップスピードはカタール開幕戦で披露できるだろう。タイトル争いに加わるために自分についてもマシンについてもどこを改良すべきか、個人的には去年より考えがはっきりしている。」

チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは10位。午後はウェットコンディションで新エンジンを試用。

★5位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは7位(VR46ライダーズアカデミー)。

★6位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)。2種のテールカウル試用(従来版&肥大版)。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは12位。
テストライダーのミケーレ・ピッロは19位。
ドゥカティ勢はテールカウルの『サラダボックス』が肥大化。

★8位ジャック・ミラー(ドゥカティ・プラマック)。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは不参加(VR46ライダーズアカデミー)。ヴァレンシアGP中の転倒で負った頭部外傷は問題ないが、左手首骨折は縦に折れているため無理をすると悪化の恐れあり(手術せずに全治3週間の予定)。来年のセパンテストで復帰の予定。

★9位ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー)。
チームメイトのブラッド・ビンダーは22位(ルーキー、モト2総合2位)。

★11位アンドレア・イアンノーネ(アプリリアファクトリー)。
チームメイトのアレイシ・エスパルガロは15位。
テストライダーのブラッドリー・スミスは21位(モトE総合2位)。

★13位カル・クラッチロー(ホンダLCR)。本日も2020年版マシンは使用せず(2019年版を2機使用)。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは不参加。

★14位ティト・ラバト(ドゥカティアヴィンティア)。トラック一番乗り。
チームメイトのエリック・グラナードは22位(2019年モトEに参戦)。最下位。ヴァレンシア戦で負傷したヨハン・ザルコの代役(※来年のセパンテストで復帰の予定)。

★18位ダニ・ペドロサ(KTMテック3、初日はインフルエンザで療養していた)。オリヴェイラ代役。テストライダー。
正規ライダーのイケル・レクオナは20位(ルーキー)。
ミゲル・オリヴェイラは不参加。豪GPでの転倒により古傷が悪化し、3日に肩の手術を受けた。

『2020 ヘレス モトGP 公式テスト 最終日リザルト』



『2020 ヘレス モトGP 公式テスト 総合リザルト』




(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)

created by Rinker
¥7,461
(2019/12/06 12:11:53時点 楽天市場調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. ニダール より:

    アレックス2位すごいやん

  2. ニッキー69 より:

    トラックコンディションとか色々あったにせよ、明日手術する人がトップタイム…
    「レプソルのワークスライダーは化け物か?!」だねぇ。

  3. おしりプリプリ より:

    なんだ、リンスの方ね。今アレックスと言えばマルケスでしょ?

  4. ZC33S より:

    suzukiの綱引き、スズキらしいといいましょうか…結果が斜め上すぎるw

  5. suezo より:

    今年はエンジン種類があるところもないし、大量にパーツを持ち込んでテストしてたのはドカだけなんでしょうか。

    綱引きは毎年恒例なんですね。

  6. maxtu より:

    アレックス・マルケスはマルケス弟
    マルク・マルケスはマルケス

    マルケス弟がGP王者になれば改めます(笑)

  7. ロベリア より:

    「さすが、ペドロサ効果」と新しいフレームをべた褒めして、暗にホンダを離れたペドロサを持ち上げホンダに難癖をつけるKTMが、実際に速いのか?興味ありますね。
    またもやポル スペシャルなのか?話題のザルコが早まったのか とかね

  8. kaz より:

    え、手術前日にトップタイム?バケモンなのかマルクは。
    綱引きで後頭部強打の人が出なくて良かったデス(^.^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP