MotoGP

ロッシ『昨日より難儀している』2020カタールテスト

『ロッシ:昨日より難儀している』

★2月23日、カタールテスト2日目、ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が9位だった。

★ロッシ選手のコメント。

【昨日と比べると?】
「今日も悪い出来ではないですよ。マシンの乗り心地は良いし、ペースも良いし。ただ、昨日に比べるとちょっと厄介でしたね。
ブレーキング改善に向けて、いくつか試してみたんだけど、あいにく、別の所が悪くなってしまって。昨日はタイヤももっと単純な感じで、レース距離でも良い動きをしているようだったんだけど、今日は難儀してるんですよねぇ。
順位の方はちょっと落ちてしまって…まぁ、皆、けっこう接近はしてますけどね。」

【セパンテストでは直線コースでの馬力を問題視していたが…】
「相変わらず、苦戦してますよ。今日はザルコ(ドゥカティ機2019年版)と一緒に走ってみたら、加速と直線で遅れていることが良くわかりました。
実のところ、その時、僕はけっこう良い操縦をしてたのに、抜くことはできなかったんですよ。スリップストリームに入った時、マシンはいまだ動きがイマイチなんで、その点が問題ですね。」

【馬力アップのため、ヤマハのエンジン特性が変わったの?】
「エンジン馬力をあげようとすると、大体においては低速でのコントロールが厄介になってしまう可能性があるんですよ。
ただ、ヤマハはソフトな出力はそのままで、トップスピードを上げようと頑張っていたんです。馬力面ではちょっと変わったんですが、でも、まだ不十分なんですよね。
とにかく、今はテストだから。真実って言うのは、レースじゃないと分からないものなんですよ…全員が同じ燃料でスタートした時じゃないとね。」

【明日の予定は?】
「明日は重要ですよ。開幕前の最終テストですからね。これまで試してみて良かったものを、すべてまとめ上げないと。
作業は上手いことできたと思います。マテリアルも全てテストできたし。開幕戦に向けては、まぁ、けっこう仕上がってると言えるでしょう。ただ、テストでは自分がどの辺にいるのか、なかなか分からないもんなんですけどね。
長いチャンピオンシップになるでしょう。」


(参照サイト google 翻訳:『Moto.it』)


ロッシ選手が「セパンでこんなに強い走りをしていたのは初めて」と評されてた話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. KG より:

    インタビュアーの訪ね方や管理人さんの翻訳力もあるとはいえ、
    なんとも解り易いコメント。さすがはドクター・ロッシ。

    開幕がまた一段と楽しみになりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP