MotoGP

ロレンソ『将来についてヤマハと話し合わないと…』

『ロレンソ:将来についてヤマハと話し合わないと…』

★先日、MSMA(メーカー協会)より、2020年のモトGPクラスにおけるワイルドカード参戦の禁止が発表された。

バルセロナGPでのワイルドカード参戦が決まっていたホルヘ・ロレンソ(ヤマハ・テストライダー)が、次のように語った。

「残念です。とにかく、またヤマハ機でバルセロナを走りたいと思ってたんですけどねぇ。無理となってしまい…ただ、もちろん、良いコンディションの中で走りたかったわけだから。事前にテストもしないで走るのは気違いじみてるでしょ。当初の目標としては、ほぼ4日間連続で走行してレースに出て、出来る限りの情報をヤマハに提供して役に立とうってことだったのだから。
あと、観客なしで走るって言うのが、やる気に響きますよね。それでも、良いコンディションで走れるのなら無観客だって出てましたけどね。まぁ、ただ走るために出るのでは、意味がないですけどね。」

【2021年末までエンジンおよびエアロダイナミクス開発は凍結とされたが、テストライダーの仕事はあるの?】
「ヤマハとまた話し合ってみないと。来年もテストチームで、一緒に作業していけるものなのかどうかについてね。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ロレンソ選手が好きだったチームメイトは誰か?って話は無料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 774RR より:

    そりゃあ今年で終わりってことは無いでしょー

  2. POP84 より:

    年間予算も減額されるでしょうから、
    予想されるであろう契約金の減額を受け入れれば、
    テストライダーの職は維持できそうな予感。

    既に複数年だったらすいません。

  3. 9191 より:

    ヤマハはロレンソが走らなくてもヤマハの広告塔として残すでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP