MotoGP

クラッチロー『2021年はモトGPのビッグチームに入るだろう』

『クラッチロー:2021年はモトGPのビッグチームに入るだろう』

★7月21日、カル・クラッチロー(ホンダLCR)は左手舟状骨の微小骨折の手術を受けた。

★26日、アンダルシアGP(ヘレス第2戦)決勝戦でクラッチロー選手は、第15ラップで痛みのためピットボックスに戻ったものの、ポイント獲得が望めそうだったため再出走し、13位でゴールした。

★クラッチロー選手のコメント。

「ピットボックスに戻った時、『ポイント獲得が可能だぞ』って言われたもんだから、レースに戻ったんすよ。ゆっくり走って、とにかく何ポイントかだけでも取ろうと思ってね。」

【ところで、2021年に向けては?】
「世間では辞めるんじゃないかとか、シートを確保できないんじゃないかなんて言ってるみただけど、今、自分はかつてないほど速いんでね。その辺を考慮してもらわないと。
自分はモトGPでやって行きたいんすよ…目の前にベストなオプションがあるんだから。今後の数ヶ月で、なんか分かってくるでしょ。
まぁ、来年はけっこうな確率でモトGPのビッグチームの一員になるって言えるだろうね。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

POSTED COMMENT

  1. 774RR より:

    クラッチローは年齢高めだけど、結構早いし結果出してると思う。要は使い方次第。

  2. どどんどん。 より:

    ズバズバ物を言う人がいないと寂しいので、それはよかった。
    単なるポジショントークかどうかはそのうち答え合わせできるでしょ。

  3. fuji より:

    早いんだけど、コケ癖を直さんとどうにも使いにくい

  4. Cobra より:

    まさかドゥカティ・コルセの残り1シート?

  5. sws より:

    ドビ切りからのクラッチローミラー組復活?

  6. うんこマンジェット より:

    ビッグチームというからにはファクトリーだな
    空いてるのはアプリリアぐらいか?
    今のうちにアプリリアをヨイショしておくクラッチさん、さすがです

  7. maxtu より:

    やはり痛みで止めようと思ったのが
    ただ、無理しなければ完走できる余力を残してるのがミソかな
    暫くは我慢のレースだね

  8. nav. より:

    アプのことでしょ。
    自分を評価してくれるファクトリーはリスペクトしてビックと呼ぶでしょう。
    まずはコケないライディングを身につけなければ。

    逆にLCRは完走率上がる可能性大で結果オーライじゃないですか?
    数年間、ランディ、カルとクラッシュの名手がいて、修復コスト半端なかったんじゃないだろか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP