MotoGP

ペトルッチ『自分のために好リザルトを出さなければならないから…』2020アラゴンGP

『ペトルッチ:自分のために好リザルトを出さなければならないから…』

★10月17日(土)、アラゴンGPでダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティファクトリー)がFP総合18位となり、予選1で首位、予選2ではグリッド8位を獲得した。

★なお、チームメイトでタイトル争いに加わっているアンドレア・ドヴィツィオーゾは予選1で3位となり、予選2へが進出できなかった。

★予選1でペトルッチ選手はドヴィツィオーゾ選手のスリップストリームを利用し、タイムを出していた。

★ペトルッチ選手のコメント。

【ドゥカティから(ドヴィツィオーゾを助けるよう)チームオーダーは出なかったの?】
「何も出ていません。でも、アンドレアには申し訳なく思ってます。今回、僕は挑戦コースでのタイムロスが酷かったもんですから、スリップストリームを利用しなければならなくって…。
アンドレアの後ろに付けたんで、後追いさせてもらいました。
その後、彼が予選2へ上がれず…申し訳なく思ってます。できるだけ早々に、きちんと話し合ってみます。
僕は、自分が使える武器を使いました。ただ、アンドレアが犠牲になってしまったことだけが残念です。」

【逆の立場なら、ドヴィ選手に腹がたった?】
「そうですね。多分、腹を立てたと思います。でも、予選2へ進出するには色々な方法があるわけで…アンドレアの気持ちは分からないし、僕はタイトル争いをしていないし…。実際のところ、どう反応したかは分かりません。」

【ドヴィ選手とはどれぐらいスピード差があったの?】
「分かりません。でも、けっこうあったでしょう。それがゼロコンマ何秒かの差にはなってました。
僕は4〜6速で苦戦していて、あと、エアロダイナミクス面でも大変だったんです。」

【去年はドゥカティのために走っていたけど、今年は自分自身のために走っていると言う心境?】
「そうですね。去年、僕はドゥカティのために走っていました。でも、今年、開幕前に放出されてしまい…。
今は自分のために走っています。でも、もしドゥカティ側からなんらかの指示があれば、最終戦までは従うつもりです。
とにかく、僕は自分のために好結果を出さなければならないし、利用できるものはすべて利用しなければならないんです。」

★なお、この後、ドヴィツィオーゾ選手の会見が行われ、ペトルッチ選手へ怒りのコメントがなされた

(参照サイト:『Moto.it』)

ペトルッチ勝利の2つの理由については、note『ル・マンGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    師弟関係終了のお知らせ

    師匠は教えてやったのに、って根にもってそうだから菓子折持って詫びましょう

  2. けんかをやめて/河合奈保子 より:

    ペトルッチは来年KTMへ移籍が決まっているから、まだいいですが
    どこも決まってないドヴィからすると「新入りの頃から目を掛けて
    やったのに、この恩知らずが!」って怒ってるのでしょう。

    まぁでもペトルッチもKTMにいいトコ見せておかないと来年は
    サテライトだから再来年ワークスに上がる為には、なりふり構って
    いられないのも事実です。

  3. Che より:

    The worst of the worst

  4. 74SHOJIRO より:

    大人なプロフェッショナルだ

  5. 死神ライダー より:

    肥後さん、ダセェな(笑)

  6. シーマンラッキョサワー より:

    FPでシャッと走ってすんなりQ2に行きゃーいいのに行けなかったドヴィチオーゾが格下に八つ当たりってのがもう。
    そら放出もされますし来季のシートもありませんわ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP