MotoGP

『ドビツィオーゾはドゥカティ哲学を踏襲している』ラモン・フォルカーダ

『フォルカーダ:ドビツィオーゾはドゥカティ哲学を踏襲している』

★アンドレア・ドヴィツィオーゾ(35才)は2013年よりドゥカティファクトリーからモトGP参戦していたが、2020年末に離脱し、2021年は就活浪人をしていた。
2021年9月よりヤマハ・ペトロナスSRTからモルビデッリ後任として復帰し、2022年は同チーム(現Yamaha RNF)より最新ヤマハファクトリー機で参戦する。

★最近、ドヴィツィオーゾ選手のチーフメカニックことラモン・フォルカーダ氏が、マルチリンガルサイト『Motorsport.com』のインタビューで次のように話した。

【アンドレ・ドヴィツィオーゾについて、どう思う?】
「アンドレアは現役生活も長く、情報満載のライダーであり、実にけっこうなことでしょ。速い走りをするには、何が必要かを心得てますからね。
ただ、現在はそれができずに苦労していて…まぁ、ドヴィツィオーゾにとってヤマハ機は、完全に別物だろうから。
2020年にはミシュランが新リアタイヤを投入し、勝手知ったるマシン(※ドゥカティ機)でさえ苦戦してたでしょ。そのうえ、うちのチームに入って目新しいマシンになってしまい、またもや苦戦しているわけでね。
まぁ、フランコ(モルビデッリ)だって、1年目は苦戦してたから。マシンを乗り換えたら、皆、そんなものでしょ。各マシンの特性は大きく異っていて、乗りこなすにはそれをしっかり理解する必要があるんだから。」

【ドヴィ選手は大丈夫そう?】
「とにかく、努力家だからね。特に、ディテールにかなり気を配るタイプだし。ちょっと、ドゥカティ哲学を踏襲している感じで…あそこはディテールを重視していて、実際、それで速くもなりますからね。
昨今では、2秒も削る必要はないんですよ。ゼロコンマ何秒か削っただけで、大きく一歩前進できるんだから。
ドゥカティ時代、アンドレアは『ザ・プロフェッサー』って呼ばれてたそうじゃないですか…いまや『参戦している中のベストマシン』と呼ばれるドゥカティ機の開発において、リーダーの風格を身に着けてきた選手なわけでしょ。」

【ドヴィ選手は常に『完璧なマシン』を追求しようとするが…】
「そう言った最良マシンなんぞ、存在しませんよ。ただ、確かにアンドレアは、そう言うコンセプトに慣れ親しんでいるようでね。ディテールに気を配り、けっこう独自の流儀があって、常に物事の白黒をはっきりさせようとしますね。
どこで失速し、どこでタイムを削れたのかを知りたがり、タイムを削るには…そして、失速を防ぐにはどうすべきかを把握したがるから。
データ分析にかなりの時間をかけ、比較検証し、前に出ていくための最良の方法を模索するんですよ。」

【ドヴィ選手はヤマハ加入の際、マシン開発に参加したいと明言していたが…】
「どこのメーカーだって、ライバルメーカーから移ってきて、しかも、経験豊富なライダーは大きな助けになるもんでしょ。ヤマハに限らず、ホンダやスズキに移っていても、大きな助けになったわけでね。
これまで良いマシンに乗っていて、しかも、それをきちんと把握してるなら、マシン改善の大きな助けになるもんなんですよ。
モルビデッリなんかは、そうではなかったですからね。ヤマハに入って来た際、モトGPでの経験は1年ぽっきりで、しかも戦闘力の低いマシンに乗ってたわけだから(※ホンダ・マークVDSのプライベート機)。
それが、ファクトリーチームから8年参戦した選手ともなれば、とにかく大歓迎ですよ。」

【ドヴィ選手は、またタイトル争いができるようになりそう?】
「それが可能なレベルかどうか、今のところは分かりませんね。2022年版マシンだって、まだ試してないんだから。最新ファクトリー機が提供されることになっているが、どんな具合かは分からないんでね。
(昨年11月の)ヘレステストでは第一稿マシンを試したが、最終稿がどんなものなのかは分からないわけだし。あと、他のメーカーの動き次第ってところもあるから。
モルビデッリなんか、ちょっとそんな感じだったでしょ。2020年に総合2位になったものの、2021年の手術前のベストリザルトは3〜4位ってとこでねぇ。
つまり、あっちのマシンが改善されたのに、こっちのマシンは改善されないとなれば…リザルトは落ちていくわけだから。」

★フォルカーダ氏はモトGP業界でも有数のベテラン優秀チーフメカニックであり、これまでケーシー・ストーナーやホルヘ・ロレンソ、マーヴェリック・ヴィニャーレス、フランコ・モルビデッリらを担当している。

(参照サイト:『Motorsport.com』)
(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

ドゥカティ発言権、スズキ新チームマネージャー、ヤマハのマシン改善についての疑問は、note『バニャイア解説:市販機でのモトGPトレーニングは有効なのか?』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,586
(2022/05/28 09:59:25時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP