SBK SuperBike

『モトGPを蹴ってSBKを選んだ理由』:ニッコロー・カネパ

2014年のSBKでは、ドゥカティ・コルセとアルテア・レーシングチームが組むんですが…
ドゥカティ1199パニガーレのEVO版に、ニッコロー・カネパ選手が乗って参戦する事となりました。
実はカネパ選手は一時、来年のモトGP暫定エントリーリストに名前が載りながらも、すぐに取り消されてたんですが…
そうか、こう言う話だったのかぁ…



motoit-canepa.jpg

★2014年、スーパーバイクEVOでSBK参戦するニッコロー・カネパが、次のように語った。
「【新たに導入されるEVO機で参戦だが…】はい。新EVO機で走るわけですが、来年は過渡期の年になるでしょう…スーパーバイク機と混合でレースをやるんだから。EVOとスーパーバイクのギャップはそれほど際立っていないと思うし、シーズン中に縮まっても行くでしょう。それに、どうやらピレッリではEVO用にハイパフォーマンスのタイヤを投入してくれるようだし、だったら、けっこうスーパーバイク機にとって厄介な存在になれるかもね。これでやっとコースに結構な台数が揃うわけだし…面白くなるでしょう。SBKがまた盛り上がるんじゃないですかね。

【そして2015年からはEVO機のみとなるが…】それもあったから僕はモトGPじゃなくSBKの方にしたんです。イオダチームからモトGP復帰も可能だったんだが、チーム・アルテアが僕に興味を持ってくれてるって知った時、もう何の疑いもなくSBKの方を選んだんですよ。来年は勝利を目指して全力を尽くしますよ…2015年に向け準備する意味も込めてね。2015年はEVO機だけになるのだし、1年間経験を積む事ができるでしょう。

【来年の強敵は?】間違いなくミシェル・ファブリツィオみたいなベテラン選手が厄介な存在になるだろうけど、シルヴァン・バリエやJEREMY GUARNONIも無視できないし、特にダヴィド・サロムですね…ヘレステストでは吃驚しましたよ。カワサキEVO機で実に強い走りをしていた。」
(Source:2013年12月19日 Moto.it記事より抜粋)

そう言えば…
クラウディオ・コルティ選手も、やっぱりイオダからのモトGP参戦を蹴って、MVアグスタでのSBK参戦を選んでましたねぇ…




[amazonjs asin=”B007X2PCG0″ locale=”JP” title=”SBK Generations (PS3 輸入版)”]
[amazonjs asin=”B00BX84V76″ locale=”JP” title=”AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) エボリューションライン チタン サイレンサー:チタン/チタンスリーブ、エキパイ:チタン 1199 Panigale/S パニガーレ(12-13) S-D11E1-T DUCATI”]


イオダも頑張れ!!クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP