Moto2 category

2014ミザノGP【予選&FP4経緯】:モトGP・モト2・モト3


モトGP『ミザノFP4・予選1・2の経緯』

motogp-qp-2014misano-gpone.jpg


★[予選2]ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)が1分33秒238を刻み、昨年の茂木GP以来久し振りのPPを獲得。なお、2013年のマルク・マルケスのPP記録は1分32秒915。
ロレンソ選手のコメント。
「全選手、接近してますね。ホンダが強いが、やっと去年よりもスピードが落ちてくれた。自己最高ラップではT1セクターで0.1〜0.2秒ロスしてしまったが、見ごたえもあり、限界ぎりぎりの走りができました。PPが取れるとは思っていなかった。こう言うのが必要だったんですよね!」

★[予選2]2位アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ・プラマックだがファクトリー機使用、+0.051)のコメント。
「モトGPクラスでは前の方からスタートしないと苦労するんですよ…レースでは、そこが重要なんです。今週末のミディアムタイヤはちょっと苦戦気味でね…最近、ここでやったテストの時と比べてもね。とにかく、かなりの好タイムが出せて…思ってもいなかったですね。レースに向けてですか?ミディアムタイヤのグリップが、ちょっと足りないかな。まぁ、どうなるか…ですね。」

★[予選2]3位はヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハ、+0.064)で、ファーストロー獲得は2013年フィリップアイランド戦以来久し振り。
ロッシ選手のコメント。
「やっとファーストローですよ!嬉しいですね…1周タイムを出すのには、いつも少し苦労してるから。ここ最近のレースでは2列目からスタートできてたが、当然、1列目の方が良いでしょ。FP4(の首位)も嬉しかった。ペースも良かったし、マシンのセッティングも良かった。確かに僅差でPPを逃してしまったが、良い日でしたよ。」

★[予選2]ランキング首位のマルク・マルケスは4位(ホンダ、+0.122)でセカンドロー。予選で好結果を出せなかったのは、2013年バルセロナGPの6位以来久し振り。

★[予選2]1位〜5位ダニ・ペドロサまでのタイム差は僅か0.18秒。

★アンドレア・ドヴィツィオーゾは最後のタイムアタックの最終コーナーでミスを犯し、6位(ドゥカティ、+0.201)。

★[予選2]ステファン・ブラドルが転倒。

★[予選1]ステファン・ブラドル、ヨニー・エルナンデス、カル・クラッチロー、スコット・レディングらが参加。スコット・レディングが転倒。
予選2参加を勝ち取ったのはエルナンデス&ブラドル選手。
2014年09月13日Gpone記事参照)

モト2『ミザノ予選の経緯』

moto2-qp-2014misano-gpone.jpg


★ミカ・カリオ(カレックス)が今シーズン3回目のPPを獲得。チームメイトのエステヴェ・ラバトは僅差で2位(+0.067)。
カリオ選手のコメント。
「得意はコースではないんですが。簡単には行かないって分かってました…特に、昨日の雨の後でしょ。ところがFP3ではマシンが完璧な手応えでね…好リザルトが取れるなって思いました。最後はこうなってくれて…今回のリザルトには満足ですよ。」

★3位はスイス人トーマス・ルーティ(スッター、+0.071)。

★もう1人のスイス人ドミニク・エガーターも5位に浮上(スッター、+0.193)。

★日本人タカアキ・ナカガミが8位(カレックス、+0.463)。

★イタリア勢トップはフランコ・モルビデッリの18位(カレックス、+1.038)。
2014年09月13日Gpone記事参照)

モト3『ミザノ予選の経緯』

moto3-qp-2014misano-gpone.jpg


★現在、ランキング首位のジャック・ミラーが1分49秒974を刻み、今シーズン7回目のPPを獲得した。
ミラー選手のコメント。
「予選でまた一番になれたって言うのは、当然、とても重要な事です。でも、目標はやはりレースですから。レースでポイント争いをするんだし、最高のものを獲得するようにしなければ。」

★サプライズは僅差で2位のニクラス・アジョ(ハスクバーナ、+0.004)。

★アレックス・リンスは最終セクターで苦戦し3位(ホンダ、+0.038)。チームメイトのアレックス・マルケスは最後のタイムアタックで転倒し、4位(+0.189)。

★イタリア勢トップは、終盤でスリップ転倒してしまったニッコロー・アントネッリの7位(KTM、+0.572)。
『VR46』チームのロマーノ・フェナーティはグリップ不足に苦しみ、11位(KTM、+0.724)。
2014年09月13日Gpone記事参照)

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. yp より:

    イアンノーネが2位に入りましたが、マルケスの話しによれば、相変わらず後追いをしてる見たいですね・・・
    ドカが復調しているのは明らかですが、予選に関しては全く評価出来ませんね。
    レース序盤からドカが上位争いを左右してしまっているのも疑問なところです・・
    マルケスにも「明日の優勝争いには加わってこないでしょ?」と言われてしまいましたww

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP