Moto3 category

2018 ヘレスGP【モト3:FP2リザルト&トピックス】

moto3-termas-de-rio-hondo-2018-niccolo-antonelli-sic58-squadra-corse-8277821.jpg

『2018 ヘレス モト3 FP2トピックス』

★5月4日(金)、ヘレス戦 モト3クラスのFP2が行われた。

★路面温度が上昇。

★首位ニッコロー・アントネッリ(ホンダ、1’46.630、SIC58、VR46ライダーズアカデミー)。唯一、1分46秒台を記録。
パオロ・シモンチェッリ氏(シッチ父、チームマネージャー)のコメント。
「オースティンの後、話し合って…ニッコローは落ち着いてきましたね。本来の実力をのびのびと発揮してますよ。」

チームメイトのタツキ・スズキは14位(+1.215)。

★2位ホルヘ・マルティンは(ホンダ、+0.444、グレジーニ)。
チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは4位(+0.546)。FP1では首位だった。

★3位エネア・バスティアニーニ(ホンダ、+0.535、レオパード)。ベストラップで多少のミス。
チームメイトのロレンツォ・ダッラ・ポルタは8位(+0.804)。タイムアタック中、渋滞に遭遇。

★5位アロン・カネ(ホンダ、+0.594、エストレージャガリシア)。
チームメイトのアロンソ・ロペスは29位(+2.711)。

★6位カイト・トバ(ホンダ、+0.634、ホンダチーム・アジア)。サプライズ。芳賀紀行のライディングを彷彿させる。
チームメイトのナカリン・アティラプワパは28位(+2.451)。
ワイルドカードのアイ・オグラは23位(+1.993)。

★7位マルコス・ラミレス(KTM、+0.768、Bester Capital Dubai)。
チームメイトのジャウメ・マシアは21位(+1.923、ルーキー)。

★9位トニー・アルボリーノ(ホンダ、+0.813、マリネッリ・スナイパーズ)。タイムアタック中、渋滞に遭遇。

★10位ジョン・マクフィ(KTM、+0.829、CIP)。
チームメイトのマカル・ユルチェンコは22位(KTM、+1.942)。

★12位マルコ・ベッツェッキ(KTM、+1.117、VR46ライダーズアカデミー)。午前FP1で転倒。

★15位カズキ・マサキ(KTM、+1.264、RBA)。

★18位デニス・フォッジャ(KTM、+1.599、VR46、ルーキー)。前後輪とも白線に乗った何周かは、タイム無効とされた。
チームメイトのニコロー・ブレガは24位(+1.998)。2016年、同GPではPP獲得、レース2位だった。

★26位アユム・ササキ(ホンダ、+2.008、Petronas Sprinta)。

(2018年5月4日『Gpone』記事参照)
(2018年5月4日『Motorspot.com』記事参照)


『2018 ヘレス モト3 FP2リザルト』

moto3-fp2-2018jerez.jpg


『2018 ヘレス モト3 FP総合リザルト』

moto3-fp2-2018jerez-CombinedPracticeTimes.jpg


ザルコのマモラ批判、ランディ・マモラ殿堂入り、加藤大治郎メモリアル映像とかオースティンGPこぼれ話は、無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B017X34J08″ locale=”JP” title=”アントマン (字幕版)”]

[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. へも より:

    今シーズンはチームアジア・鳥羽の調子がいいね。早く表彰台がみたいね。鈴木はチームメイトが速いのが来ちゃったから、今までと同じ結果でもチーム内での評価が厳しくなっちゃうのかも。とにかくみんながんばれ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP