Moto2 category

2018 ル・マンGP【モト2:決勝リザルト&トピックス】

moto2-le-mans-2018-francesco-bagnaia-sky-racing-team-vr46-8391334.jpg

『2018 ル・マン モト2 決勝トピックス』

★5月20日(日)、ル・マン戦 モト2クラスの決勝が行われた。

★気温が上がり、転倒多発。

★首位フランチェスコ・バニャイア(カレックス、VR46)。ポール・トゥ・ウィン(※初ポール)。今季3勝目。
バニャイア選手のコメント。
「カタールの時のようでした。でも、終盤ラップは僕の方が速かったですね。タイヤにちょっと問題が出てたんですが、ここは好きなトラックなんで。総合順位でどれだけ引き離せたのかは分かりませんが、幸せです。」

チームメイトのルーカ・マリーニ(ロッシ異父弟)は先週脱臼した肩が痛み、2周後にリタイヤ。

★2位アレックス・マルケス(カレックス、エストレージャガリシア・マークVDS、マルク弟)。
マルケス選手のコメント。
「終盤はちょっと問題が出てしまって。電制システムなのか、燃料不足なのか…。ペッコ(バニャイア)に迫ってプレッシャーをかけてやろうと頑張りました。とにかく、表彰台と20ポイントはポジティブですよ。」

チームメイトのジョアン・ミールは3位(ルーキー)。モト2初表彰台。
ミール選手のコメント。
「表彰台が恋しかったんですよ。嬉しいです。今週末は調子良かったんで、表彰台は好結果ですよね。最初は上手く仕上がってなかったんですが、全体的に満足してます。この調子で行きたいですね。」

★総合順位は1位バニャイア(98ポイント)、2位オリヴェイラ(73ポイント)、3位マルケス(67ポイント)、4位バルダッサッリ(64ポイント)、5位パジーニ(58ポイント)、6位ヴィエルジェ(52ポイント)。

★ここまでの5戦、優勝は常にイタリア人ライダーである(バニャイア、バルダッサッリ、パジーニ)。

★4位マルセル・シュロッター(カレックス、ダイナボルト)。
チームメイトのシャヴィ・ヴィエルジェは5位。技術トラブルによりグリッド最下位スタートとなったが、ここまで追い上げた。

★6位ミゲル・オリヴェイラ(KTM、アジョ)。
チームメイトのブラッド・ビンダーは9位。

★7位ロマーノ・フェナーティ(カレックス、マリネッリ・スナイパーズ)。モト2キャリア初ポイント。

★8位ファビオ・クアルタラロー(スピードアップ、スピードアップ)。
チームメイトのダニー・ケントは21位。

★10位ステファノ・マンズィ(スッター、フォワード)。今シーズン初ポイント。
チームメイトのエリック・グラナードはリタイヤ。

★11位エクトル・バルベラ(カレックス、ポンス、昨年モトGP参戦)。
チームメイトのロレンツォ・バルダッサッリはグリッド1列目だったがスタートが悪く、第3コーナーでスリップ転倒リタイヤ。

★12位アンドレア・ロカテッリ(カレックス、イタルトランス)。
チームメイトのマッティア・パジーニは18位。第8コーナーで転倒。

★13位サム・ロウズ(KTM、Swiss Innovative Investors、昨年モトGP参戦)。

★25位テツタ・ナガシマ(カレックス、ホンダチーム・アジア)。

★転倒はフェデリコ・フリーニ(第3コーナー)。

(2018年5月20日『Gpone』記事参照)
(2018年5月20日『Motorspot.com』記事参照)


『2018 ル・マン モト2決勝リザルト』

moto2-gara-2018francia.jpg


『2018 ル・マン モト2総合順位』

moto2-2018francia-worldstanding.jpg



ヘレスGPこぼれ話は、無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B005K5FGCM” locale=”JP” title=”栗山米菓 星たべよ 60枚”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. おしりプリプリ より:

    フェナティやっとこさ初ポイント。おめでとう

  2. へも より:

    ビエルヘの追い上げがすごかったね。これで予選通り2位でスタート出来てたらどういう結果だったんだろう?って思うと非常に残念だったよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP