2018 オーストリアGP【モト3:FP1リザルト&トピックス】

Pocket

moto3-2018austria-fp1-masia.jpg

『2018 オーストリア モト3 FP1トピックス』

★8月10日(金)、オーストリア戦(今季11戦目) モト3クラスのFP1が行われた。

★左折コーナー3ヶ所、右折コーナー7ヶ所、直線コース4ヶ所(6速フル活用)。

★上位10位内にKTMが8機入っている。

★KTM機はここまで新カーボン製エアーボックスマシンやダンロップタイヤに合わせたフレーム、噴射システム改良、高速回転時のエンジンパワー増量など、多数の開発をしてきている。

★ホンダ機はタイヤ消耗の方が酷くなく、今回のレースの方がパフォーマンスが安定する模様。

★首位ジャウメ・マシア(KTM、1’37.218、Bester Capital Dubai、ルーキー)。徐々にタイムを削っていった。去年、同GPにワイルドカード初参戦し、レースでは表彰台争いの末、9位だった。
チームメイトのマルコス・ラミレスは15位(+1.249)。転倒。

★2位マルコ・ベッツェッキ(KTM、+0.081、Redox PruestelGP、総合首位)
チームメイトのヤコブ・コンフェイルは8位(+0.684)。

★3位ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、+0.306、レオパード)。ホンダ勢トップ。
チームメイトのエネア・バスティアニーニは6位(+0.431)。

★4位フィリップ・エッテル(KTM、+0.355、Sudmetal Schedl)。

★5位ジョン・マクフィ(KTM、+0.408、CIP)。
チームメイトのステファノ・ネパは26位(+1.796)。

★7位ニコロー・ブレガ(KTM、+0.588、VR46)。
チームメイトのデニス・フォッジャは29位(+2.166、ルーキー)。

★9位カズキ・マサキ(KTM、+0.694、RBA、ルーキー)。
チームメイトのガブリエル・ロドリーゴは12位(+0.814)。

★10位アルベルト・アレーナス(KTM、+0.711、アンヘル・ニエト)。
チームメイトのアンドレア・ミーニョは13位(+1.120、VR46ライダーズアカデミー)。

★11位アロン・カネ(ホンダ、+0.804、エストレージャガリシア)。セッション終了後、第6コーナーでスリップ転倒。ケガなし。

★14位アイ・オグラ(ホンダ、+1.229、アジア・タレントチーム)。ワイルドカード。

★16位ファビオ・ディ・ジャンナントニオ(ホンダ、+1.315、グレジーニ)。ブルノ前戦では優勝。
チームメイトのホルヘ・マルティンは23位(+1.526)。ブルノ前戦で左手の橈骨骨折で欠場だった。シートポジションとクラッチレバーを若干改良した。クラッチ操作に苦労しているため、注意して走っている模様。

★17位ニッコロー・アントネッリ(ホンダ、+1.318、SIC58)。
チームメイトのタツキ・スズキは28位(+2.122)。

★22位カイト・トバ(ホンダ、+1.518、ホンダチーム・アジア)。

★30位アユム・ササキ(ホンダ、+2.202、ペトロナス・スプリンタ、最下位)。

★その他の転倒はトニー・アルボリーノ(第6コーナー)。

(2018年8月10日『Gpone』記事参照)
(2018年8月10日『Motorspot.com』記事参照)


『2018 オーストリア モト3 FP1リザルト』

moto3-2018austria-fp1.jpg


【2018ブルノGPまとめ ドゥカティ&ホンダ、ヤマハ】[2018年8月10日発行 Vol. 198] 無料閲覧『note』で!!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , , , , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top