MotoGP

ロッシ『マシンはそのまま、セッティングを変えただけ』2018セパンGP

『ロッシ:マシンはそのまま、セッティングを変えただけ』




★ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が11月2日(金)、セパン戦FP1で2位、FP2で6位だった。なお、FP総合は4位。

★チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスはFP1で3位、FP2で4位だった。FP総合は6位。

★ロッシ選手はフィリップアイランド戦の後、マシン改良に励み、リアのグリップが上がるようにした。
現在は、タイヤ選択と天候が最も大きな課題とのことで、気温が上がったFP2がかなり過酷だったこともあり、日曜レースは数周後からフィジカル面がかなりキツいだろうと覚悟している。

★ロッシ選手がイタリア衛星放送『SKTY』のインタビューで次のように話した。

「まずは良い手応えで、スピードも出てましたね。まだ手を入れるところはあるが、良い出だしです。
フロントを柔らかめタイヤにするとちょっとリスキーなようだが、リアでも試してみても良いかもしれない。リアソフトを試してた選手は大勢いいたし、悪い感じではないから。」

【優勝の可能性は?】
「まだ金曜日が終わったばかりだから。日曜までに仕上がってるかどうかを口にするのは時期尚早でしょう。
リアに関して、もう少し違う感じでマシンを動かせるよう努力してるんです。すべてはセッティングの問題だから。とにかく、僕もマーヴェリックも順調で…そこが肝心ですからね。
マシンはフィリップアイランドの時と同じだし、ヴァレンシアテストまで新マテリアルは出来ては来ないんですよ。今日、手を入れたのはセッティングだけです。
ブリーラムの時よりキツいですね。ここは酸素が薄くって。湿度も高いから、すぐに回復しないうえ、トラック自体が大変ですからね。
雨が降っても、アスファルトは乾きが速いようだし…それはけっこう重要ですよ。」

(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)


フィリップアイランドこぼれ話…
マルケス選手は卓球は弱いとか、ペトルッチ選手は考えすぎるとかって話は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B000W98DX0″ locale=”JP” title=”携帯酸素 ACTIVE-MAX 5L”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP