MotoGP

クラッチロー『古い世代が辞めてくのは不可欠なこと…』



『クラッチロー:古い世代が辞めてくのは不可欠なこと…』

★カル・クラッチロー(ホンダLCR、今年35才)が昨年より、2020年末に引退するかどうかを逡巡している。

★クラッチロー選手の最近のコメント。

「結局、古い世代が辞めてくってのは不可欠なわけでしょ。
まぁ、自分なんか陰に隠れてるから誰も気に留めやしないけど。不思議なことに、今シーズン末に引退するかもなんて大っぴらに言ってるのは僕だけでね。
自分としては、もしやる気があるなら、もう3〜4年は確実にやって行けるって思ってるけど、ただ、報酬目当てに2年間、後ろを走るなんてまっぴらなんでね。
今じゃ、昔と正反対で…昔は予選ではとんでもなく速いのにレース本番ではそれほどでもなかったのが、今じゃ、すっかり逆になってしまってね。まるで自分がディーゼルエンジンにでもなったようで…燃焼が遅いもんだから、常に前もって暖めておかなければならないんすよ。若いライダーみたいな勢いが出ないことが多くって。」

【引退については?】
「この年になれば、当然のことでしょ。ある時点で、ある状況に関しては、もう立ち向かって行けなくなるもんだから。
自分の人生も変わっていき、突然、優先順位も変わるもんなんすよ。
(モトGP機に乗るのが)好きだったんすけどね。実際、だからこそ、この仕事をしてるわけなんだし。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


クラッチロー選手が転倒すると、いくらかかってしまうのかって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 87 garage より:

    さみしいこと 言うなよ!
    頑張れ! カル

  2. 九十九里鬼 より:

    年齢による衰えってのは生物である以上は宿命だからなぁ。
    ロッシですら30歳を越してからは王座から遠のき、近年だと勝つ事すら出来なくなってる。
    野球のイチローも30代後半になったら極端に成績が落ちてる。そりゃ35歳にもなれば思うところもあるでしょ。

  3. ジョルジョ99 より:

    カルやドビにアレイシーはダニホルヘ居なくなって、次は俺か?と考えるのも仕方ないのかなぁ?モチベーションの有無が決定打になるんだろうけど。
    同世代マニアックさんもどうなるのか?は裁定次第に?

  4. 半世紀 より:

    ドクターの次に応援しているライダーですが共通しているポイントは心底「バイク競走」が好きという気概が溢れている事です。
    このような存在が若手達のハードルとなってライディング技術も進化しているのだと思います。
    競争力がある限り、現役継続して欲しいものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP