MotoGP

ヤマハ『2021年機は、去年のモルビデッリ機に近い』マイオ・メレガッリ



『メレガッリ:2021年機は、去年のモルビデッリ機に近い』

★2月15日、ヤマハファクトリーが2021年のチームプレゼンテーションを行った。

★マイオ・メレガッリ氏(チームマネージャー)が、次のように話した。

【2021年版マシンについては?】
「カタールに向け、フレームからエアロダイナミクスまで大量の新コンポーネントを用意してます。もしカウルが期待通りの結果となってくれたら、開幕戦に向けてのホモロゲーション(認可)を受けますよ。
(※なお、全チーム、シーズン中に1回だけ好きな時に進化版カウルを導入できます。)
モルビデッリのスペックA機と最新ファクトリー機を上手く統合させるべく、日本の方で尽力してくれており、2021年版は2020年版よりもフランコが乗っていたマシン寄りになるでしょうね。
好結果を出すためのものは全て揃っていると思いますよ。また、これまでは気温が高い際に苦戦してきたので、冷却関係を強化するようにしました。」

マーヴェリック・ヴィニャーレスについては?】
「マーヴェリックの実力については、心から信じています。おそらく、本人以上に私の方が信じてますよ。時々、やる気を失ってしまうことがあるようなんですが、とにかく、自分自身のことをもっと信じてもらわないと。
最強ライダーなんですからね。こちらは最大サポートをしていかなければ。もう少し気持ちを落ち着けるようにして、そして、こちらもバランスの取れたマシンを提供していかなければなりませんね。」

【カタールテストについては?】
「うちにとっては初めてのことなんですが、カタールには3名のテストライダーを参加させる予定で、カル・クラッチローは大量のマテリアルを試すことになります。あと、昨年より、エンジニアの参加人数も増える予定です。
ただ、シーズン中のテストチームに関しては、まだ最終決定稿が出てないんですよ。カタールで決めることとなるでしょう。
コロナ禍のせいや、今時期の日本の天候がイマイチなせいもあり、いまだ2021年版マシンは誰も試してませんからね。カタールテストでデビューすることとなるでしょう。」

(参照サイト:『Moto.it』)

リン・ジャーヴィスさんもモトGP重要人物トップ10に入ってるって話は、note『モトGP:権力&資金力ランキング他』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. ミラノマルコ より:

    冷却効率かぁ。根本的にグリップのさせ方を検討した方が、性能が安定する様な。それが出来たら苦労しないか(笑)絶対性能を極めると、とんがった不安定なマシンになる様な、、、絶対パワーの低いカテゴリーのマシンなら環境やセッティングの振り幅が狭くてもズレは少ないけどモトgpマシンともなると想定を越える挙動がライダーに負担をかけてしまう様な気がする。

  2. WR#1 より:

    去年はフランコのM1機もそうでしたが、タカのホンダ機、ヨハンのドゥカティ機など、旧型と新型のミックス機の方が結果が良いときもありましたねぇ。
    今年は各メーカーのサテライトがどのようなスペックなのかは分かりませんが、こちらも興味深いですね。

  3. チャオ より:

    ヤマハは何故か、スイングアーム下のスプーンを未だに付けないけれど
    あれって元々はヤマハが雨避け用に付けたディフューザーを、ドゥカに
    ヒントを与ええた形でリアグリップのダウンフォースに使わてれ、それが
    スタンダードになってしまって。でも実際、そこそこのダウンフォースは
    発生させてるのにヤマハだけ、スプーンを付けないのって、あの雨避けを
    違うカタチで使われてしまった事がヤマハ的には面白くなくて、今後も
    意地でも使わないつもりなのか、その辺はどう考えてるんですかね。
    リアグリップとダウンフォースを得られるなら何でも取り入れればいいのに。

  4. みかげ より:

    ここ最近で5年も在籍してチャンピオンになっていないのはマーヴェリックくらいなもんですから、勝負の年ですね、結婚して(娘ちゃんが生まれたあたりのクラッチローのように)確変するとよいのですが

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP