MotoGP

2021カタルーニャGP【モトGP:決勝リザルト&トピックス】

『2021 カタルーニャ モトGP 決勝リザルト&トピックス』

★6月6日(日)、カタルーニャGP モトGPクラスの決勝が行われた。

★首位ミゲル・オリヴェイラ。唯一、フロントにハードタイヤを履いていた。第14ラップ序盤でエンジン馬力に物を言わせて攻めに出て、首位に再浮上した。
チームメイトのブラッド・ビンダーは8位。

★KTMテック3は両選手とも転倒リタイヤ。
レミー・ガードナーが2022年に、KTMテック3チームよりモトGP昇格することが公表された。ペトルッチ&レクオナ選手のどちらかの後任となる。

★2位ヨハン・ザルコ。最終ラップではかなり首位に迫り、もう1周あったなら優勝できていたかも。総合2位(※首位とは17ポイント差)。3日に2022年の契約更改が公表された。
チームメイトのホルヘ・マルティンは14位。サイティングラップで転倒し、ピットレーンスタートとなる。ケガで3戦欠場し、復帰。3日に2022年の契約更改が公表された。

★3位ジャック・ミラー。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは7位。ビンダー選手としばらく競り合っていた。

★4位ファビオ・クアルタラロー。PPスタートから優勝できそうな勢いを見せいていたが、ミスで早々に5位に降格した。第12ラップで首位に浮上したが、また抜かれ、首位に0.2〜0.4秒差で喰い付いていたものの、ライダースーツの前ファスナーが全開となってしまい、胸部プロテクターが飛んで行ってしまった。その後、第1コーナーでミスをして膨らみ、コースに戻る際にショートカットをしたため3秒加算ペナルティを受けて4位に降格した。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは6位。

★5位ジョアン・ミール。昨日、「(KTMやドゥカティ、ヤマハを)押さえるには、スズキはもっとマシンを改善すべき」とコメントしていた。
チームメイトのアレックス・リンスは右腕骨折により欠場、4日に手術を受けた。今回、ピットボックス入りしている。
骨折は、トラックで自転車トレーニングを行っている最中、直線コースで4輪車と衝突して転倒したため。本人はザクセンリンクGP復帰を希望している。

★9位フランコ・モルビデッリ。予選は好調だった。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは、第16ラップの第10コーナーで転倒リタイヤ。スタートで失敗し、11位を走行している最中だった。

src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″>

★10位エネア・バスティアニーニ。
チームメイトのルーカ・マリーニは12位。

★11位アレックス・マルケス。ホンダ勢トップ。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは13位。

★ホンダファクトリーは両選手とも転倒リタイヤ。
マルク・マルケスは第8ラップの第10コーナーで、6位走行中。強い走りをしており、回復していることが窺える。

★15位ロレンツォ・サヴァドーリ。
チームメイトのアレイシ・エスパルガロは転倒タイヤ。

『2021 カタルーニャGP モトGP 決勝リザルト』



『2021 カタルーニャGP モトGP 総合順位』




(Photo:Motogp.com

created by Rinker
¥11,000
(2021/06/22 02:53:18時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. ・v・ より:

    あのブレストガード投げの裸走りにペナルティがないのは納得いかないが。ないのかな。モトgp公式の解説では黒旗じゃないかとか言ってたけど。役者が変わりすぎてちょっとついていけな気味

  2. より:

    3秒ペナルティ付いてなかったっけ?

  3. 表彰台が見たい。 より:

    総合順位だけがモト3になっています。

    ストーナーは怒っていましたね。
    コース上に捨てるのも危ないし。
    ホンダ勢、頑張って!
    マルケスは1人でマシンを持ち上げてばかりいて腕や肩は大丈夫なのかな?

  4. ハンス より:

    オリヴェイラおめでとう。新フレームになってから去年の速さを取り戻しましたね。
    ザルコも安定の2位。ドゥカティ勢で一番成績が安定しているし、この調子なら優勝も遠くではないはず。
    クアルタラロの一件は前例が無いので不問という感じですかね。ファスナー全開とか聞いたことがないです。
    パーツの脱落という訳ではないのでオレンジボールでもないし・・・ステバイザーの延長と処理されたのかな?

    そういえばヤマハとSRTがロッシの後任にMoto2のラウル・フェルナンデスに目を付けたといった話がでてますね。
    しかし彼はKTMのライダー。違約金とかも有るだろうし、どうなるんでしょう。

  5. うに より:

    クアルタラロのあれは何だったんでしょうか?
    ファスナーが開いてしまって、プロテクターがバタつくから自分で外したんですよね?
    何か問題があって、自分でファスナーを開けてプロテクターを捨てた!? って事はないか?
    何にしてもあの状態で走るのは危なっかしいですねぇ。。
    ミラーは異変に気づいて攻めるのをやめたようにも思えたけど考えすぎか。

    ロッシもなんか違和感を感じたけどスタート後に落ちていったのも、転倒もホールショットデバイスがなんか悪さをしたんじゃないかな?
    転倒後のマシンはリアサスが沈み切っていましたよね。
    何だかモヤっとしたレースだった。

  6. dig より:

    クアルタラロのあれがいいなら
    チェストパッドを赤い亀の甲羅で作って
    投げても良くなってしまう。。
    おまけにエアバッグも作動しない状態ですし
    やっぱり黒旗出すべきでしたね

  7. maxtu より:

    KTMはニューシャーシ投入以後、驚く進化ですね
    エンジン開発凍結、テスト制限されてもこれだけ変わるのはペドロサの的確なフィードバックのお陰なのかな?
    HONDA復活はペドロサの引抜きしか望みがない気がするけど…不仲のプーチが居る限り難しいか?
    ワークス勢2台の転倒はライダーの技量というより今年型の問題だろうに

    ザルコは前戦も下がってから終盤追い上げたようにタイヤの温存が上手そうですね
    去年のミルと同じように終盤強いと手堅くポイント稼げるから最後までタイトル争いするだろうな
    ファビオの件は詳細がわかってからかな

  8. すぱおー より:

    KTMのフレームは3Dプリンターで作ったとか聞きましたが凄い時代になってきましたね。ホンダも早くタイヤとの関係が良くなって欲しいです

  9. エム より:

    きれいな胸筋がみえて眼福。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP