MotoGP

ロッシのドゥカティ参戦について:マリーニ『兄と組めたら夢のよう…』バニャイア『マシン開発の助けになる』

『ロッシのドゥカティ参戦について:マリーニ、兄と組めたら夢のよう…バニャイア、マシン開発の助けになる』

★6月24日、ヴァレンティーノ・ロッシ率いるVR46チームが2022〜2024年末まで、ドゥカティのプライベートチームとしてモトGP参戦することが公表された。

★現在、ヴァレンティーノ・ロッシが2022年に同チームから参戦するのではないかと取り沙汰されている。
なお、同チームからルーカ・マリーニ(ロッシ異父弟)の参戦がすでに決定しており、もう1名はオーストリアGP中に公表される予定である。

★アブドルアジーズ・ビン・アブドゥラ・アール・サウード王子(すでにマリーニ選手をスポンサードしている企業の責任者)のコメント。

「私としては、ヴァレンティーノ・ロッシがむこう数年間、『Aramco Racing Team VR46』の選手として、弟ルーカ・マリーニと一緒に参戦してくれたら嬉しいんですけどね。」

★ルーカ・マリーニのコメント。

【アブドルアジーズ・ビン・アブドゥラ・アール・サウード王子がロッシ選手の加入を望んでいるようだが…】
「どうなるんでしょうかねぇ…。本人に直接訊いてみないことには…。本人の意志を尊重して、最終的な決定がなされると良いんですが。もちろん、僕としてはチームメイトにならたら夢のような話ですよ。
僕自身の契約については、現在、話し合ってる最中です。メーカーとの直接契約になる方向でプッシュしてるんですけどね。そう言う契約になれば、ライダー側の責任も増すでしょう。」

★フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー、VR46ライダーズアカデミー)のコメント。

【ロッシ選手がドゥカティ機で参戦する可能性はありそう?】
「僕らの間では、そう言った話題は出ないんですよ…他の話は色々と出るんですが。
本人の意向は聞いてないし、僕はてっきりヤマハでキャリアを終えたいのかと思ってたんですよね。まぁ、本人がやりたいと思うなら、それがなんであれ然るべきことなんじゃないんですか。
もしドゥカティ機で参戦することになったら、あれだけ経験豊富で、しかもここ最近はヤマハ機に乗っているわけだから、うちのマシンの開発の助けになってくれるでしょうね。
でも、とにかく、まずは本人がどう言う決断をするかですから。」

★パオロ・チャバッティ氏(ドゥカティ・スポーツディレクター)のコメント。

【VR46チームからロッシ選手が参戦する可能性は?】
「あぁぁ〜そうなったら素晴らしいでしょうねぇ。」


(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Sky』)
(Photo:Instagram

来年、ロッシはドゥカティ機でモトGP参戦する可能性はあるのか?って話は、note『無料note』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. 半世紀 より:

    doctorの2004年からのM1開発の功労、移籍からの出戻りの受け入れから昨年までのファクトリーライダーとしてのヤマハのサポートは互恵性として充分なものであり、円満なパートナーシップ解消ができるでしょう。
    ヤマハで現役を終わらせたいと言っていましたが不完全燃焼と思うのであればキャリア上のネガである母国メーカーに再挑戦もありでしょう!
    何よりも彼の引退はレギュラー開催国全ての有観客で見送るべきです!

  2. スペンサーレプリカ より:

    ロッシにはヤマハでキャリアを終えて欲しい。。。

    と、思いつつも今のドカティだったらストレートエンドのブレーキングでパッシングしまくるレーシングアニマルロッシがもう一度見れるかも。なんて甘い期待も抱いてしまう私でした。。。まぁでももう潮時なんだろうな~、寂しいけど。。。

  3. まるおか より:

    ロッシがレギュラーになったら、ヤングイタリアンを育てるというVR46の理念に反しますし、
    あってもテストライダーを務めつつ、時々ワイルドカード参戦という流れになるのではないかと。
    個人的には、今のようなグダグダ状態になる前、もっと早い段階でスパッと華々しく
    引退してほしかったですけど、コロナもありましたからねぇ。

  4. happyone より:

    個人的には兄弟参戦して欲しい

  5. タディの星に願いを より:

    プロモーション的には兄弟チーム参戦は盛り上がるけれど、デスモセディチに乗ってリザルトが出なかったら…しかも8台ですからね、

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP