MotoGP

マルク・マルケス『予想以上に好調だけど優勝は無理』2022カタールGP

『マルク・マルケス:予想以上に好調だけど優勝は無理』

★3月5日、カタールGP予選でマルク・マルケス(ホンダファクトリー)が3位だった。

★マルケス本人は「自分は優勝候補ではない」と繰り返しており、予選3位はバニャイア選手のスリップストリームを活用して獲得していたが、FP1から常に最強の走りを見せている。

★マルケス選手のコメント。

「コーナー進入でちょっとドラフトができるようになってきていて…でも、カタールの場合、あまりそう言う操縦をやり過ぎない方が良いんですよね。もっと旋回していった方が良いから。
FP4でマシンに変更を加えたら、けっこう前進できました。ユーズドタイヤで良い動きができてたんで。
最速グループには入ってなけど、前方スタートは重要ですね。」

【ずっと『優勝は無理』と言い続けているようだが…】
「僕はカタールの場合、表彰台は優勝に匹敵すると常に言っていて…トップ3に入れるならOKですよ。
FP3まではスズキ組が調子良さそうだったけど、FP4以降は苦戦しているみたいで…理由を突き止めないと。
強くプッシュしていく必要はあるでしょう。ここのトラックだと、皆、スリップストリームを利用したがるもので…単独で走っていたのはバスティアニーニぐらいですよ。
FP4では僕も単独で走ってたんですが、タイムは自然に出てました。まぁ、明日はどうなるか…注意すべき要素が色々とありますからね。
午前セッションでは上位とのギャップが大きかったけど、午後は迫っていけてたんで、上位争いができるかもしれません。でも、優勝は無理だと思いますね。
ぼくら3人は(※マルティン、バスティアニーニ、マルケス)、好ペースは出せてないと思うんですよ。
だから、誰が抜きん出て行くのかが大きいでしょう。それに依るだろうし…あと、トップ集団が大きくなっていくタイミングがどれぐらいか?とかね。
それから、トラックのコンディションにも依るでしょう。トラックに出る度に変わっているから、きちんと検証していかないと。」

【今回、ヤマハ勢は勝負から外れたと思う?】
「クアルタラローはペース面では強いんですよね。でも、確かに、あんなに後方スタートだとねぇ。目の前にはドゥカティ機やらアプリリア機が、ずらりと並んでるわけでしょ。抜くのは容易じゃないかもしれませんね。
ただ、僕は自分のことに集中しないと。ここまでは予想以上に好調だったけど、22周回のレース距離ではどうなるか…ですよね。」

【今回、最速選手はだれなの?】
「FP3ではスズキ組だったけど、FP4ではドゥカティ勢と…あと、ポル(エスパルガロ)も好ペースでした。
全体的に見たら、やっぱり、スズキ組ですかねぇ。」

【全体的にマルケス選手の調子はどうなの?】
「限界点が掴めないんですよ…今週末は一度も転倒してないし。みなさんもご存知のとおり、通常、僕は少なくとも1回は転倒するじゃないですか。
限界点が、なかなか見えてこなくてねぇ。いまだ良く分からないんです。でも、コーナー立ち上がりでは、ここ何年かのホンダ機よりもかなり良い感じになってますよ。」

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

エアロダイナミクスが新しくなるとオーバーテイクが難しくなるのか?って話は、note『2022 セパン&マンダリカテストまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. へほへも より:

    レース中に限界超えて人巻き込まないことを祈ります
    しかし勝つための作戦とはいえ怪我から復帰してからの露骨な後追いはやっぱり好きにはなれん…

  2. nav. より:

    他のライダー含め、スリップ使ったタイムに何の意味があるのか?
    予選の仕組み考えたら?って感じ。

  3. すぱおー より:

    YAMAHAはなかなか深刻そうですね…マルクは今回はできるだけ楽をする方向性の後追い多かったですね?しきりに首を傾げながら予選してましたし

  4. unknown より:

    あのガチガチの後追いだけは尊敬できないなぁ
    あれ0.2secぐらいは稼いでいるよね。

    …決勝は応援するけど。

  5. としあき より:

    今までのマシンとキャラクターがぜんぜん違うから
    「マルケスが移籍したらどうなってたか」に近いシチュエーションを楽しめてる

    予選に関しては仮にミル(SUZUKI機)がレースで先頭に居ても
    あの距離ならスリップで差して優勝をさらえるってシミュレーションかな
    一方でバニャイア(DUCATI機)相手ではあの距離だと差せない

    正直今回マルケスは予選してなかった気がする

  6. タディの星に願いを より:

    確かに全然ポール獲りに行く走りじゃなかった 必要にドゥカティスズキのスリップに入って。

  7. 岸本ジョン より:

    自分でもどこまでが限界か分からないといってるので
    マシンを完全に制御出来ていない状態なんでしょうね。
    決勝は無事に走り切ってほしいです。
    順位は気にせずにデータを持って帰ってきてほしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP