MotoGP

ペルナット『ホンダの運営は、ずいぶん前から落第点…』

『ペルナット:ホンダの運営は、ずいぶん前から落第点…』

★カルロ・ペルナット氏(74才)はベテランマネージャーであり(※過去にカピロッシやシモンチェッリ、イアンノーネを、現在はバスティアニーニ&アルボリーニを担当)、モトGP業界のご意見番でもある。

★先日、ペルナット氏が『PaddockTV』のインタビューで、次のように話した。

【ここ何年か、ホンダが絶不調だが…】
「ホンダの運営は、ずいぶん前から落第点だしね。技術面よりも人材面の方に重きをおいてきたわけだが、現時点までは失敗に終わってるでしょ。
ホンダは確実に、マルク・マルケス専用機を作ることを余儀なくされてきたわけで…しかし、どうやってリンスやミールをアレに乗せるんだかねぇ。
マルクが乗るマシンは他の選手には乗りこなせないって、周知の事実じゃないですか。」

【マルク・マルケスについては?】
「マルク復帰はメディアにとって実に重要なことだろうね…スペインだけでなく、全世界のメディアにとってね。なんてったって、破格ライダーなんだから。
まぁ、これまでマルクがやってきたことが好きかどうかってのは、また別の話だけどね。」

(参照サイト:『Motorcyclesports.net』)
(Photo:Instagram

スッポ「スズキで実現させたい案が山ほどあったのに…」って話は、note『無料note』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP